大好きな嵐の大野君の事を中心に、趣味や日常の出来事を綴っています

by ポワント
☆︎*:.。. o(≧︎▽︎≦︎)o .。.:*☆︎
久しぶりに歌い踊る大野君♡やっぱりサイコー✨

I'll be there♪
久々、イントロが鳴った途端から、グッと心掴まれるカッコよさ✨
大人のカッコよさが、色気がムンムンの大野君にクラクラ💫

“ただ疑うだけなら エスコートしよう どこまでも〜♪”の大野君の歌声、歩く姿、アップ、そしてその横顔にズキューン💘

また終わりの決めポーズの様になってること!

その他にも、書き出したらキリがない萌えポイント満載で、リピが止まらず❤️

だけどそんなキラキラなカッコいい大野君を見ていたら、すっごく遠くに行ってしまったような気がしちゃって……(涙)

この曲をラジオで聴くこともないんだなぁ〜
この曲の感想や、踊りについても話して貰える機会はないんだなぁ〜

大野君のお喋りやあの笑い声を聴くこともあまりないんだなぁ〜

なんて思っちゃって。

やっぱり『さとラジ』は、大野君を身近に感じさせてくれていたんですよね。

あんなにカッコよく、キラキラな大野君だけど、でも“大野智”っていうヒトの存在を、肌で感じさせてくれる場所だったんですよね。

考えまいとは思うけど、ついつい思っちゃうダメダメな私……||||||(_ _。)||||||

だってさ、昨日の大野君があまりにもカッコ良くて、キラキラ過ぎたんだもの。


(; ̄д ̄)ハァ↓↓



[PR]
# by 3104-nao | 2017-03-23 08:44 | 大野君 | Trackback | Comments(0)
昨日の日中は、コートがいらないくらい暖かだったのに、今日は朝から冷たい雨の東京です☔️
そんなちょっと憂鬱な休み明け。
先日 六本木ヒルズで出会った春満開の花壇で、元気のお裾分け♪
e0355822_11432523.jpg

と行きたいところですが、私たち大野君ファンにとっては、日一日と迫り来る、『さとラジ』終了という悲しい現実が……
なかなか晴れやかな気持ちにはなれませんね (o´_`o)ハァ・・・

今朝もラジオから流れるいつも通りの大野君の声や笑い声に、大野君じゃないけど、これが聴けなくなってしまうという実感がわきません。

きっと4月に入って、実際にこの番組がなくなったら、もっと寂しくなるのでしょうね……今からその時が、おそろしい〜

それほど大野君ファンにとっては、かけがえない『大野智のARSHI DISCOVERY』

昨日は、F横のポッドキャストで、14年間 その大野君のコーナーを全て取り仕切り、切り盛りし、収録から編集までやられてきたという青木ディレクターの紹介があったようで、私も後から聴かせて頂きました。

栗原さん曰く、そんな青木ディレクターは、誰よりも素の大野君を知っている人の一人ではないかとのこと。

本当にそうでしょうね〜
まだ若いちょっとヤンチャな時代から、アラフィフと言われる現在までの大野君を見てきた方ですから。

10周年記念の時に、過去の放送を聴かせてくれた時、大野君が「よくこんなんでOKしたよね。ダメっ!録り直しっ!!て言ってくれればいいのに」と、何度か言っていましたが、そこには 青木ディレクターの私たちファンへの想いが詰まっていたんですね。

なるべく、その時、その瞬間の、青木ディレクターが感じている“素”に近い大野君を、私たちにも届けてくれようとしていたんですよね。

その青木ディレクターの姿勢は、14年間ずっと変わらず、いつでもファンの聴きたい、知りたい♡を大切にしてくださっていたことを改めて感じるポッドキャストでした。

だから青木ディレクターは、“最後の一週間も、大野君がファンに直接語りかける数回にしてあげたい”と言ってくださっているようで…

なのにそれをあっさり、「いや、いいよ!一緒にやろうよ!」と青木ディレクターに言い、覆しちゃう大野君がいたとか(笑)

ファンに直接語りかけるという照れ臭さもあるのかもしれませんが、そんな大野君の気持ちも分かるような…
栗原さんも言ってたけれど、大野君と青木ディレクターの信頼関係の深さを感じられる大野君の一言ですよね。

大野君が一番 語り掛けたいのは、青木ディレクターなのではないかしら?
ぜひ、怪しい声に変えてでもいいので、青木ディレクターと大野君のトークも聴いてみたいなぁ〜
なんて思いますが、もう収録は済んでしまってますよね。
いや!でも、最後だし、栗原さんの最終日に生出演で!な〜〜んてことも……ないかなぁ!?
そのポッドキャストの詳細はこちらから♪

とにかく、大野君のラジオが名残惜しくて仕方ない私。

昨日は、ほぼほぼ大野君の思い出の場所と重なる所で、私も旧友たちと会う用事があったので、ラジオの話を思い出しながら、陽気にも誘われ、大野君が通った中学校と、何度も話題に上った 公園が目の前にある駄菓子屋さんに、ふらふらと立ち寄ってみました♪
e0355822_14003484.jpg
でもあいにく、駄菓子屋さんはシャッターが閉まっており、たまたまお休みだったのか、もうやっていないのか…?

そしてこの建物の左向かい側に公園があるのですが、お休みの日だったので、たくさんの子供がお父さんと一緒に遊んでいて、怪しいおばさんになりそうだったので、ちょっと写真は控え、目に頭に焼き付けることに(笑)

そして中学校も、部活中の生徒さんたちがいたりしたので、写真は自粛。
でも、そんな生徒さんたちの姿や声に、バドミントン部だった大野君を重ね、暫しthinking time♡十分 怪しいおばさんですね ァハハ・・(^д^;)

2016/10/21の『さとラジ』(煙カードの話)でも、「その駄菓子屋さんはまだあるのかな?」なんて話していた大野君。

公園の遊具も、その周りのお家も、新しくなっている感じだったので、きっと大野君の小・中学生の頃とは、随分 景色が変わってしまっているかもしれません。
だけど大野君が見たら、きっとどこかに懐かしさを感じることができる面影は残っているのでは。

『さとラジ』終了を控え、ラジオでの大野君の思い出話を思い返しつつ、一人、“さとラジ”散歩♪

寂しいけれど、楽しい時間となりました ヽ(*^∇^*)ノ


[PR]
# by 3104-nao | 2017-03-21 14:03 | 大野君ラジオ | Trackback | Comments(0)
とうとう大野君ラジオも、今朝を入れて10回。
どう考えても、名残惜しいです :;(∩´﹏`∩);:

今日から、大野君と栗原さんのSPトークバージョン。

14年半続いたこのコーナーが終わるにあたって、大野君は、まだ実感がわかないと言っていましたね。
そして番組自体も、そう苦にならず、普通にやっていたという大野君。

アハハヾ(≧∀≦*)ノ〃
栗原さんも言っていましたが、何だか大野君らしい気がします。
気負いなく、こういう肩の力が抜けている大野君が、本当にいいなぁと思うし、このラジオが大野君のルーティーンのようになっていたというのが、とても嬉しく思えます。

それと、このラジオでは、普段テレビなどでは見せない自分を見せるようにしてきたという大野君の言葉が、本当に嬉しかった私。

以前、ラジオだったか、雑誌だったかで大野君が、「ファンは見えない部分を知りたいと思うだろうから、少しでもそういうところを教えてあげたいと思ってる」というようなことを言っていたのが印象深く私の中に残っているのですが、大野君はこの『さとラジ』で、それを実践してくれていたんですね。

なのに、この『さとラジ』の終了が発表されてから、多くのファンが残念がる中、“大野君は嘘がつけないから、このコーナーで話すことからプライベートの裏が見えてしまい、ハラハラしていたから終わって安心する”などと言う人もいて、“それは違う!”と、とっても嫌な気持ちになっていたところでした。

でも今朝の「(このラジオで)僕を知ってもらえたと思う」という大野君の一言でスッキリ!

胸のすく思いでしたヽ(*^∇^*)ノ 

大野君はアイドルとして、プロ中のプロ。
普段見えない“大野智”を、このラジオでは見せようと意識して、全てやってきてくれていたわけで、当たり前だけど、何もかも、ちゃんと分かって計算して話してくれていた大野君。

そんな大野君に、私たちは勝手にドキドキしたり、キュンキュンしたり、感心したり、たまには心配したり…
本当にいい意味で翻弄され、色々楽しませてもらい、“大野智”というヒトを肌で感じさせてもらうという、この上ない幸せな時間をもらっていた私たち。

大野君の言葉はそれ以上でもそれ以下でもないく、彼から直接発せられるものは、その言葉通り。
それが真実。
それが全て。

そういう意味からも、このラジオがなくなってしまうということが、本当に惜しまれます。

話せる範囲で、私たちファンに、一人の“大野智”というヒトとしての部分を惜しみなく、一生懸命伝え、見せようとしてくれた大野君に、今 改めて心からありがとう♡の思いでいっぱいです。
私たちは、本当に幸せでしたね。

そんな大野君の真摯で、私たちファンを大切に、第一に想ってくれていたラジオだからこそ、“関東ナンバーワン✨”になったということにも、大いに頷けますし、ファンとして誇らしく、嬉しいことでしたヽ(*^∇^*)ノ 
大野君も嬉しそうでしたね (*´∇︎`*)うふ♪︎.*:・'゚.

そんな大野君ラジオを、大野君の想いを、この期に及んで捻じ曲げるような発言は慎み、まっすぐに受け止め、大切にして欲しいと、強く思った朝でした。

私自身も、寂しさは拭えないけれど、残りをこれまで以上に大切に、大野君の一言一言を噛み締めながら、聴きたいと思います。

しかし淋しい (x_x;)シュン


[PR]
# by 3104-nao | 2017-03-20 10:04 | 大野君ラジオ | Trackback | Comments(2)
e0355822_15284102.jpg
昨日は、草間彌生展とミュシャ展を観ようと、午前中から下の娘と六本木へ。

どちらも話題の展覧会なので、結構な人出。
でも、割と早い時間だったので、チケットは大して並ばず買うことができ、lucky♪

どちらの展覧会も、迫力満点。
凄く心が満たされ、豊かな気持ちなれました。

草間彌生さんの若い頃の作品は以前、松本市美術館で観たことがありましたが、改めてより多くの作品を目の当たりにした今回、草間さんの内にある葛藤や想いを強く感じることとなり、そのエネルギーの大きさに圧倒されるばかり。

大野君が朝日新聞に掲載された対談(2017/2/19朝刊)で、「草間さんはずっと描き続けている。その計り知れない迫力を作品から感じますね。」と言ってましが、その感覚を肌で感じた私です。

そしてミュシャ展。
こちらも圧巻!!

作品の大きさもですが、そこから訴えかけてくるものの大きさがハンパない。
ミュシャがこの『スラブ叙事詩』を制作する直接のきっかけとなった一つに、スメタナの『わが祖国』をコンサートで聴いたことだと言われていますが、ほんと“モルダウ”と作品のイメージがピッタリ嵌り、感動的✨

展覧会のグッズ売り場で『わが祖国』のCDを買い、今日は一日中、それを聴きながら昨日観た『スラブ叙事詩』を思い出しては、チェコに行ったこともなければ、その歴史も殆ど知らない私なのに、郷愁を感じ、しみじみ…

草間彌生さんもミュシャも、スメタナも、表現者って、本当に素晴らしいですね。
芸術の力って、凄いものだと、今更ながら身に染みた昨日でした。

で、昨日の娘とのもう一つのお楽しみはランチ♪
二つの展覧会をじっくり堪能するため、今回はランチを先に。
最近 朝日デジタルだかで紹介されていて、気になっいたお店イル・フィーゴ・インゴルドを予約🍴
ここがまた、と〜っても素敵なお店で、お味、サービス、ボリューム、雰囲気と、全てにおいて娘と二人大満足☆☆☆
e0355822_21055504.jpg

コースの前菜は、10種類を好きなだけお皿に取ることができ(1回のみ)、それがどれも美味しいの♡
パスタ料理は、何種類かから選べるのですが、パスタもソースに合わせてそれぞれ違うものが使われているという本格派。

そしてなんと言っても一番感激したのが、サラダにかけるドレッシングを、その場で好みに合わせて、ビネガーとオリーブオイルを選ばせてくれて作ってくれること。
e0355822_18332753.jpg
“オリーブオイル”が旬な智担にとっては、興味津々♡(そこっ!?)
まぁ本格イタリアンのお店なので、AJINOMOTOのオリーブオイルEVはチョイスの中にありませんでしたが…(笑)

私はりんご🍎、娘はハチミツのビネガーをそれぞれチョイス。
オリーブオイルは、二人ともシチリア産のものを。
でもそれもまた、種類があり、それぞれ苦味や青くささなどが全く違うというこだわりよう。

娘とそれぞれのドレッシングをかけたサラダを食べ比べてみましたが、全く違った美味しさ!
お家でも、色々試してみたくなる体験でした。
因みにビネガーとオリーブオイルは、大抵の場合1;3の割合がベストだとか。

皆様もぜひぜひ、色々なビネガーとAJINOMOTOオリーブオイルEVで試してみはいかがでしょうか!?
いつものサラダが、お洒落になること間違いなしですemoticon-0152-heart.gif

居心地も良く、国立新美術館のすぐ近く。
何度でも行きたいと思える、超おすすめのイタリアンレストランです(*^^*)

って、やはり“花より団子”
美術展の話より、盛り上がってしまいました。

と、一日中出歩いていた昨日ですが、その間に、無門様の新しい姿が解禁になったようで、帰ってからも、心潤う幸せ時間♡

お腹も心も満たされた一日でした〜。゚✶ฺ︎.ヽ(*´∀︎`*)ノ.✶゚ฺ︎。



[PR]
# by 3104-nao | 2017-03-19 20:08 | 私ゴト | Trackback | Comments(0)
今日は、綺麗な青空が広がる春らしい陽気の東京です。

昨日の衝撃的な出来事から一夜明けた今日も、いつものように「おはようございます!嵐のおおのさとしです!」という元気な大野君の声に、来月からこの声が聴けなくなってしまうということが信じられず、まだ心の整理がつかない私です。

リスナーからも、15周年の記念に、また過去のトークを聞かせて欲しいというリクエストが来ていた今朝、ちょっと口ごもりながらも、再来週にやりますと言っていた大野君。

14年半続けて来たこのお仕事が終わるにあたって、大野君自身はどんな気持ちでいるのだろう?

きっと彼の中にも寂しさはあるんじゃないかな?
そんな大野君の胸の内を勝手に想像して、また一人しんみり……

そして、“さとラジ”のことを色々思い返していて、その10周年記念の後、DJ栗原さんが大野君について語ってくれたインタビュー記事をふっと思い出し、引っ張り出してみました。
e0355822_12083809.jpg
「『ARSHI DISCOVERY』は、毎朝大野さんが近況や身の回りの話題を語っているので、ファンには貴重な番組として浸透していますね」という問いかけから始まっているこのインタビュー。

ホント、その通りですよね!
さすがアジポプ✨

で、それに対して栗原さんも
「この時間帯は特に多くのリスナーの皆さんに聴いてもらってます」と。

以下、簡単にインタビュー内容をご紹介

Q;どんなコンセプトで始めたの?

栗原さん;当時、嵐5人それぞれがラジオ番組を持つことになった。それで短い時間だけど、何か個性のある番組にしたいということで、ロボットボイスでリスナーと会話してもらう形が生まれた。
嵐がブレイクする前だったから、けっこう無理なオーダー(早朝スタジオに生出演で来てくださいとか)ができた。

Q;初対面の大野さんの印象は?

栗原さん;第一印象は人見知り。早朝 生放送に来た時ら眠そうだった。
今は慣れたから格言とか難しい言葉をきっかけにフリートークを展開してくれてるけど、最初は、三択クイズ形式で、タイトルも“大野智のQUIZ DISCOVERY”だった。

Q;人気が出て来たのはいつ頃?

栗原さん;嵐がブレイクする(2007・2008)前から、送られてくるメッセージや投稿の多さとか、明らかに番組リスナー層と違う流れがすごいエネルギーで入って来たなという感じがあり、人気が出て来ているなというのを、何となく肌で感じていた。

Q;10年前と大野さんは変わった?

栗原さん;30歳を越えた頃からか、トークの内容が変わった。
特に10周年記念企画放送後にそれを感じる。
記念トークは、大野君が一番居心地のいい場所でと、スタッフと考えて横浜港で屋形船を貸しきることにした。

そうそう!この辺りが栗原さんはじめ、F横スタッフの方々の大野君愛を感じるところですよね〜

この時のトークでは、ダンスのこと、ファンへの想いなど、兼ねてから聞いてみたかったことが全部聞けた。
そしてこの企画後、家族の話をすることが多くなった気がする。
身近な話をたくさんしてくれるようになったのは、一緒に番組を作っている仲間として、すごく嬉しい。

Q;大野さんとお仕事を一緒にした方は、絶賛しますね

栗原さん;絶対に“イヤ”とか“疲れた”とか言わず、黙って入ってきて、黙々とやるべきことをこなす感じ。
簡単なことではないですよね。

Q;何をしてる大野さんが一番好き?

栗原さん;やはり一番好きなのは、ラジオで語っている大野君(笑)2番目は、絵を描いている大野君。次は踊っている大野君が好き。

私も甲乙つけがたいくらい、ラジオで語ってる大野君は、大好き😘


2013年に出た記事ですが、何度読んでも、栗原さんのお話には頷けます。
これが出た当初の自分の感想を書いたブログも読み返してみたら、“ヘェ〜、そうだったんだなぁ”なんて思えることもあり、案外新鮮 (笑)
ご興味ある方はこちらからどうぞ♪

そんなに直接の絡みは多くない栗原さんですが、このインタビュー記事を読み返してみると、とっても大野君とそのコーナーを大切にしてくれていることが感じられ、嬉しくなります。

またどこかで、一緒に番組をやってくれたらな〜♡などという思いが一層強くなってしまいます。

『ARSHI DISCOVERY』が終わってしまうのは、本当に、ホントに残念だけど、来週からの栗原さんと大野君のSPトークは、すごく楽しみです(*^^*)



[PR]
# by 3104-nao | 2017-03-17 13:18 | 雑誌 | Trackback | Comments(2)