弟な大野君

台風の影響か、こちらも昨日から結構風が強く吹いています。
そして今日も青空広がり、お日さまギラギラ

そんなわけでお洗濯物は、あっという間によく乾いて気持ちいいんですけどね~
しかし暑いです

さてさて、この暑いのにどうでもいいような記事を毎日書いている私って……

いつもブログを書く時に、“こんなことをしていて何になる?”っていう思いが何処かにある。
でも結局 こうして書いている。
ずっとそんなことの繰り返し。

そんな中出会ったことばがコレ。

「『何かを書くこととは?』ということを忘れることが出来るのは、何かを書いている間だけである」(西 加奈子)    “折々のことば:58”より

これまた作家の方が作品を生み出そうとする“書く”と私がこのブログを“書く”ということは、全く次元の違う話しであることは、重々分かっているけど、でもこのことばに、勝手に、もの凄く共感

“こんなこと書いても…”と迷いながらも、いざ書き始めると、その迷いも何処へやら(笑)

そんなわけで、懲りもせず今日もまた此処に現れる私(;^_^A
でもまた、それをいつも読んでくださる方がいるのが、本当に嬉しくてありがたい。
ありがとうございます

と、前置きが長くなりましたが、今日のサトラジで姉ちゃんの話をする大野君……
何とも“弟”な感じでよかったぁ←って、この表現、分かりづらいですよね

「うちの姉ちゃんはね、デベソだったんだって。」って言った後、

「だいじょぶ、だいじょぶ!うちの姉ちゃんはねぇ、怒んない、ラジオ聴いてないから」って言いながら、んふふふふ♡って笑う大野君が、いい

怒んないって言いながらも、ちょっと挑発的な笑いが、“弟”って感じで……
ちょっかい出して、姉ちゃんに構って欲しい的な!?

とにかく、甘えてるような、悪戯な感じがたまらない。
姉ちゃんにしか味わえない大野君との関係を感じ、可愛いくも羨ましい~~~~なんて思ってしまった

小さい時、よく母ちゃんに「よるとさわるとッ!」って怒られ、でもそれも全部自分が悪いのだと、以前話していた大野君。

そんな悪ガキ智がちょっと顔をのぞかせたような今日のデベソ話。
何とも微笑ましかったぁ~~~~

そしてあ~んな弟、欲しい←結局、そこ?(笑)


母ちゃんになりたかったり、姉ちゃんになりたかったり、はたまた……色々忙しい

ヾ(*>∀︎<)ノ゛キャハハッ



[PR]
by 3104-nao | 2015-07-15 16:14 | 大野君ラジオ | Comments(2)
Commented by しょうりママ at 2015-07-15 23:53 x
弟っていいですよね~。
母ちゃんのお話もいいですけど、
お姉ちゃんとの話って、その場面を想像できたり、ちょっとリアルな感じがして。
私もニノがするちょっと変わったお姉ちゃんの話が大好き。お姉ちゃんの自慢ももっと好き。
西加奈子さん、大阪の方なんですよね。
私も大好きです。
ちょっとした言葉が答えになったり、助けになったり。
ユリさんのお話、いつも微笑ましく読ませて貰ってます。
今日は、西さんと大野君とユリさん三人にありがとうって、言いたいです。(*^.^*)

Commented by ユリ*ポワント at 2015-07-16 08:59 x
>しょうりママさん♪

おはようございます
いつもありがとうございます(^^)

しょうりママさんもそうなんですね~
ニノ君も時々 お姉ちゃんのこと、話しますよね。

何かきょうだいって、親子とはまた違う特別な空気感がありますよね。
大野君から出る、“うちの姉ちゃん”ていう言葉に、特別な響きを感じ、好きなんです♡
この感覚、分かってもらえて嬉しい~(≧▽≦)

西加奈子さんて、私 恥ずかしながら、この“折々のことば”を読むまで知らなくて(^_^;)
大阪の方なんですね。
で、この言葉と出会って初めて、「さくら」を買い、今 読んでるところです。

言葉って、ホントそうですよね。
私の場合、自分のいいように解釈しちゃう傾向にありますが、その一言に助けられ、救われることが多々ありますよね。

西の方は台風の進路も近いようなので、お気をつけてお過ごしくださいね。

お話しできて嬉しかったです♪
こちらこそ、しょうりママさんに ありがとうです♡






<< 今日は“曇りのち、快晴”な気分 大野君の番組に臨む姿勢 >>