<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『with』☆やっぱり年相応な感じ!?

午前中は雨でしたが、今はお日様も時折顔を出している東京です。
明日は晴れるかなぁ~♪

久しぶりに雑誌を買いました。
嵐君達表紙の『with』

これからまた年末に向けて、怒涛の雑誌祭りが始まるのかしら

HDDも雑誌の整理も、未だに追いついていない私
ダビングしたBlu-rayも貯まる一方だし…
以前の番組を見返すか?って言えば、殆ど見返すこともないんだけど、なんだか捨てられないのよね~コマッタ(・ω・; ゞ

大野君もニノ君も“モノはため込まない”、“捨てちゃう”って言ってましたね。
汚部屋特集みたいのを見ると、どうしてあそこまでになってしまうの分からないって言うお二人。
(月刊ザ•テレニジョン1月号より)

Σ(゜Д゜ υ) アリャ
ちょっと耳の痛いお話です

きっと大野君もニノ君も、お部屋 きちんとしてるんでしょうねぇ。
しかしどんなお部屋なのかしら?
ちょっと興味あります

ありゃりゃ…((( ;゜Д゜)))
またしても前置きが長くなってしまいました。
が、ちょうど“with”のテーマも「もしも5人がルームシェアをしたら…」

『夢のような部屋からお送りする極上の“HAPPY”でほっと温まってください♪』

だそうなので、まっいいかっ! (‾∀‾*)イヒッ

表紙の大野君。
真っ白のセーターがよく似合ってます
全体的にソフトな雰囲気の大野君だけど、腕まくりした袖から伸びる腕から手が、男っぽくてドキドキさせられます。

他の4人も揃ってセーター。
それぞれとっても似合ってますね。

そして本編もカジュアルな格好で、スタイリッシュなお部屋で寛ぐ嵐君達

ゴツッとした手で、マグカップ片手にどこかを見つめてる大野君が素敵

ニノ君とラジコンに夢中になってる大野君の表情も自然体でとってもいい感じ
特にニノ君が横で“YEAH~!”って言ってる写真の大野君の真剣な目がたまりましぇ~ん

どれもワイワイ、わちゃわちゃといつもの嵐君達の雰囲気が伝わってくるグラビアばかりだけど、やっぱり皆三十路を迎えた人達…
こんなカッコいい30過ぎの男の人はいないけど、でも嵐君達も年相応だなぁって思っちゃいました。

随分と落ち着いた感じの5人だなぁって。

昨日のサトラジで、大野君と同い年の男の人が、4歳の子供がいて、来年にはもう一人生まれるって言ってましたが、“with”のグラビアを見ると、それぐらいの子供がいても違和感ない感じの5人に思えます。

家族を持つことだけが、幸せではないけれど、やはり色んなことを犠牲にしてるんだろうなぁ~なんて考えたりして…

((((((((((ノ∀`)・゜・。 アヒャヒャヒャヒャ
またまたお節介なおばちゃんになってしまいました

大人な雰囲気の嵐君達にドキドキしながら、ちょっと切なさも感じたりした“with”のグラビア。

テキストでは、J-stormができた年の冬のツアーの時に、大野君が靴をなくしてコンビニで買ったとかっていう思い出話も飛び出し、笑っちゃいましたが、これ 私は初めて聞いたお話でした。

でもしかし、コンビニで靴って売ってましたっけ!?(笑)

他にも“アラシが共同生活を送ったら?”とか、“嵐が語る 冬のキオク”、“嵐の冬じたく”など、座談会や個別インタビューが満載。

そんなこんなで、とても素敵な一冊なんだけど、昨日から“Tell me why”の世界感がこの“with”のグラビアとダブり、キュンと胸が痛くなったりしている私です。
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-29 15:52 | 雑誌 | Comments(2)

良識ある人たち☆彼らが多くに受け入れられる理由

なかなか小春日和は続きませんね。
今日はまた雲の多い寒空広がる東京です

気温も定まらず、風邪ひきさんが多いみたいですよね。

大野君も、今週のラジオでなんだか最初の挨拶が鼻声かなぁ?なんて気になっていたのですが、昨日のVSでもオープニングはちょっとかすれたような鼻声で、途中は何度も鼻をすすっていたような…
あまり体調よくなさそうだなぁなんて気になっちゃいました。

でもベストアーティストは元気そうでしたから大丈夫かしらね~
これから年末まで、全力疾走でしょうから、どうか身体に気をつけて乗り切ってくださいね

な~んてついつい、おばちゃん丸出し、母目線になってしまう私

イヤ(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)イヤ

(笑)

ところで、そのVSでは、大野君のお誕生日話題がちゃ~んと出ましたね

そして恒例の

「お母さんいつも産んでくれてありがとう!」も…

これを観て思ったことがある。

彼らは自分達の立場などを、きちんとわきまえられる大人な人達だなぁと。

ベストアーティストで、大野君のお誕生日話題がなかったことを、残念がる声をネットで随分目にしたし、私も同じように感じていた。

でも考えてみればあそこには31組ものアーティストが集い、音楽を披露する場所。
観客や視聴者も嵐君達のファンばかりではない。
そこで大野君のお誕生日を話題にする事を好まない彼ら。
だけど彼らの冠番組では、ちゃんとオープニングでそれを話題にしてくれ、ファンを喜ばせてくれた。

良識ある人達だなぁとつくづく思った。

そんな控えめで、周りが見えてる人達だからこそ、ファン以外の人達にも好感を持たれ、受け入れられるんじゃないだろうか。

私の周りにも家族を初めお友達なども、別にファンではないけど“嵐は好き”、“興味はある”という人がたくさんいる。

今回のことで、そんな彼らは正に“国民的アイドル”と呼ばれるに相応しい人達だと、ちょっと誇らしくも感じた。

上の娘の大学のお友達(男子学生)が二人、ベストアーティストの観覧に行っていたらしい(いきものがかり枠で)。

そのお友達が番組が終わった後に、「嵐、クソかっこよかったぁ!」って呟いていたという。

若い男の子が観ても“カッコいい!”と思える彼らの魅力。
それは外見も勿論だけど、きっとその中からにじみ出てくるものにあるんじゃないかなぁ~
間近で嵐君達を観たという彼ら(何とも羨ましい)
生身の嵐君達を前にして、きっと感じるものがたくさんあったのだろう。

私たちファンもそんな嵐君達を見習わなきゃいけないなぁとも思う。
年下だけど、本当に彼らには教えられることがたくさんある。

やっぱり素敵なグループだ
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-28 12:43 | | Comments(6)

34歳ホヤホヤの大野君に会えて幸せ~♡

気持ちよく晴れ上がった東京です
窓から差し込むお日様のひかり。
ぽかぽかと暖かくて、ホッとします

昨日は大野君のお誕生日で、どなたのブログも大賑わい

きっとご本人がこの様子を知ったら、「マジか!?マジかよっ!」って照れながら、 「でも、嬉しいですよ」って言いそうだなぁ

夕べは34歳のお誕生日の日に、生放送で大野君に会えたなんて、本当に幸せ

いつもは娘達とケーキの横に遺影のように(笑)、大野君のお写真置いてお祝いするんだけど、昨日は直接「おめでとう」が言えたましたから~

大野君が画面に出てきた瞬間、思わず「お誕生日 おめでとう」って、手を振ってた私。
自分でも驚いたわ(´∀`;A

かなりな重症サトシック(笑)

Hawaiiの余韻かちょっと日焼けしたお顔

そして少しふっくらしたほっぺ

カッコ可愛い34歳大野智

元気な姿、笑顔が見られ、綺麗な歌声聴けて良かった!

それだけで幸せ(*^^*)

欲を言えば、ただ単純に歌を聴かせてくれるだけの方がいいなぁって思います。
ボタン押したりなんだりだと、そっちに気がいっちゃって、何だか落ち着かないのよね(笑)

せっかくの歌番組なのにもったいないなぁ。
魅せて(見せて)くれる演出でお願いしたいなぁ~

毎年思います
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-27 09:56 | ブログ | Comments(2)

大野君♡34回目のバースデー


e0355822_12180480.jpg

大野君~
お誕生日((o(≧∇≦)o))オメデトー!!

今日はあいにくのお天気ですね。
私のブログをみたら、一昨年も雨だったみたい(笑)
やっぱり大野君、“雨”と縁があるのかしら…

33歳の終わりに、大野君もたくさん雨を降らせてたけど(笑)、きっとあの涙と一緒に心もキレイに洗われたことでしょう。

どんどん素敵に歳を重ねていく大野君。
これからも今以上に輝いてくださいね

ずっとずっと応援しています!

大野君が幸せでありますように
と、祈りつつ。

ありがとう

そして これからも、ありがとう


恒例の大野君誕生日の手作りケーキ
今年は“いちごのタルト”を作りました。

夕食後、これまた恒例の家族を巻き込んでのハピバースデー♪の歌を唄い、娘達とご本人様不在のお祝いをしたいと思いま~す(*^^*)
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-26 16:42 | 大野君 | Comments(8)

我が家の20周年

比較的温かかった秋晴れの昨日、我が家の今年の一大イベントが無事終わりました。

今年、ジャニーズ入所20周年を迎えた大野君と町田クンだが、その記念すべき2014年10月16日の夜11時38分に町田クンから大野君へメールが来たと、先日(11/12)のサトラジでそのメールを紹介してくれた大野君。

『おめでと~20年
おそろいしぃ~~!!だって
その時生まれた子がハタチになってるぅ。
おそろしぃ~!だって

と………

そう!そうなんですよ。

その時生まれた我が家の長女。
こんなのが
e0355822_12180466.jpg


こんなになるんですから
e0355822_12180447.jpg

今は、成人式の日に写真を撮ったりしないんですね~
こうして“前撮り”とか言って、早々お写真などは撮り、成人式当日はお友達と式に出てパーティーなどをするようで…

時代なんですかねぇ!?

なので我が家の娘も昨日、写真館でその前撮りを済ませました

嵐君達の15周年やら、大野君の20周年やらで、今年は私の中で大忙し(笑)

だけどそれにかまけて、我が子の20周年を忘れては、娘にも家族にも顔向けできない
ですからねぇ~。
そんなわけで、なんだか昨日が無事に終わるまで妙に緊張しましが、無事に済んでヤレヤレです┓(‾∇‾;)┏

20年。
長いような短いような…

でも何もできなかったヒトがこんなになるんですからねぇ。
やはり長い年月ですよね。

元気にここまで育ってくれたことに、まずは感謝。
これからは、自分を大切に、自身の手で人生切り開いて行ってくれたらなぁと思います。

でも二十歳になっても、“親”の心配は尽きることはないものですね~。
娘と共にまだまだ人生学ばなければ…


来年の成人の日、大雪とかにならず、またこの晴れ着に袖を通してお友達と楽しい時間が過ごせますように
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-24 17:52 | 私ゴト | Comments(6)

町田くん舞台☆「海のてっぺん」観てきました

穏やかに晴れ渡った三連休のスタート。
各地で紅葉の便りも聞かれ、まさに行楽日和ですね

私も昨日は、お昼間は井の頭公園の紅葉を眺められる公園近くのレストランBistroナナカマドでお友達とランチ
楽しいお喋りに、綺麗な景色と美味しいお料理が加わり、とってもステキなゆったりとした贅沢なひと時を過ごしました。

そして夜は下の娘と一緒に“吉祥寺シアター”へ…
町田慎吾くんが出演する舞台、『海のてっぺん』を観て来ました。
e0355822_12180420.jpg

吉祥寺シアターは、最大定員239名という本当にこぢんまりとした劇場。
今回は“ワンツーワークス”という劇団に町田くんが加わっての公演という形。

舞台上には、“建築途中の家”が木材の骨組みだけで作られていて、終始そのセットでお話が繰り広げられて行きます。

娘はもちろんのこと、私も大きな舞台でのお芝居は観たことがありますが、このような小さな“劇団”の本格的なお芝居を観たのは初めてに等しかったのですが、本当に感動でした。

マイクも通さず演じる役者さんの声の響き。
間近に感じられる息づかい。
彼らの全てがストレートに伝わって来る感じ。
“生きた芝居”を観られ、魅せられました

そんな素晴らしい舞台で演じる町田くん。
役柄は、この物語の主人公である女性との結婚を間近に控えた、ちょっと頼りない男性。

その頼りない感じがとっても可愛らしくチャーミング。
コミカルな動きもやはりジャニーズで磨かれたダンススキルのおかげか、とってもリズミカルで軽やか。
身のこなしが綺麗だった。

2~3回のカーテンコール(実際にはカーテンはないけど)で、役者さん達と並んで真ん中でお辞儀をする町田くん。
毎回「ありがとうございました」と小さく何度も口を動かし、その後舞台上手にはけて行く時にまた、客席の方をチラッと見て軽く頭を下げていたのが、とっても印象的。
彼の人柄、舞台にかける想いが感じられた。

偶然にも昨日のサトラジでは、Jr.時代のエピソードを教えて欲しいというリスナーからのメールに、町田くんとの思い出を愉しげに、大切に思い返しながらも、「それは秘密です」と話していた大野君。

同じ日に入所し、Jr.時代は一緒に先輩のバックについたり、京都で舞台に出たり、やんちゃもたくさんしてきたであろう2人。

片や何万人ものファンを前にキラッキラの衣装を着て、派手に歌い踊るアイドル。
片や地味ではあるけれど、本格的な舞台俳優として活躍の場を広げていっているエンターテイナー。

活躍の場はそれぞれ違えど、“ジャニーズ”という看板を背負って頑張ってきた2人。

舞台上でキラキラいきいきと輝いている町田くんに、Hawaiiでの大野君の数々の涙のシーンがが重なり、二人のこの20年という月日の重さにグッと胸が締め付けられ、涙がこぼれた。

ジャニーズwebの町田くんのブログを読むと、今では貪欲に芝居に取り組んでる様子がわかるが、きっとここまで辿り着くには、本当に色々な葛藤もあっただろう。

中学生頃にあまり訳も分からず踏み入れたであろうこの世界で、本人達の意志に関わらず翻弄されながらも、それぞれの場で花を咲かせ頑張っている2人。

Jr.時代の二人のことは、詳しくは知らない私だけど、素敵な大人へと成長した二人へ、心から“おめでとう”という思いと、
二人の頑張りに、大きな拍手を送りたい気持ちでいっぱいになった。

二人の20周年という節目に、町田くんの舞台を観ることができて、本当に感動でした

町田くんが言うように、いつか二人でぜひ舞台に立ち、ダンスを見せて欲しいなぁとも、強く思った昨日でした。

最後にもうひとつ。
今回は、“家”がひとつのテーマになっていたので、パンフレットには出演者がそれぞれ、自分の“家”について書いていて、そこで町田くんがこんなことを言っている。

“家にはいつも母親の愛情があり、温かかった。……遅い時間帰宅しても、電気はついていて温かいご飯がそこにはあった。”と。

これ、大野君の母ちゃんと一緒ですよね。

大野君と町田くん。
二人にはこんな共通点もあったんですね

ポッと心が温かくなりました。
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-22 09:43 | ブログ | Comments(4)

好きなこと♡

今日はこの秋一番の冷え込みとなった東京。
お昼過ぎには雨も降り出し、とにかく寒い{{{{(+ω+)}}}}

こう寒くなってくると、もともと体を動かすのがあまり好きじゃないワタクシ。
益々外に出たくなくなります

あったかいお部屋でチクチク。
そんな時間が長くなりそう…

そんなわけで昨日も、一日家にこもってチクチク。
お蔭で、去年からのクリスマスリースがとうとう完成しました
e0355822_12180519.jpg
まーるいコロンとしたパーツを作り、繋げていくのですが、これが結構難しい( ´д`ll)
なかなか綺麗な丸い輪にならないんです。
ちょっといびつなリースになっちゃいましたが、我が家のXmasグッズに仲間入りです

そして寒い中、今日は月一のお菓子教室

お菓子作りは、寒い日にはオーブンの熱と、甘~い香りで身体も心もポカポカになれて良いんだけど、お教室までが辛い

こんな私ですが、真冬でもお菓子教室には片道20分、自転車でキコキコ。
まぁ、美味しいものを食べる前のいい運動と思って、これからも頑張ります(‾∀‾*)イヒッ

で、今日のケーキはこちら♪
e0355822_12180503.jpg
シュバルツバルグキリッシュトルテ

ココア生地のスポンジにサワーチェリー のフィリングと生クリームを挟み、仕上げに全体を生クリームでナッペして、チョコレートコポーをふりかけ、サワーチェリーを飾れば出来上がり

生クリームの甘さとサワーチェリーの酸味が絶妙で、美味しいの

刺繍もお菓子作りも、好きなことに夢中になっている時間てあっという間。
ホント楽しいひと時です

今朝のラジオで大野君も、最近久しぶりに長靴を買いに、釣具屋さんに出かけ、素敵なリールとの出会いがあった話などを、凄く楽しそうにしてくれていました

大野君、今年はもうきっと大晦日まで、超々多忙な日々が続くでしょうけど、少しの時間でも、大好きなことをして過ごせる、楽しい時間が持てるといいですよねぇ~

好きなこと♡

それがあることって有り難い

それをする時間が持てることに感謝

………
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-20 22:26 | 趣味 | Comments(12)

VS嵐☆きっと女の子にも……

風は冷たいものの、今日も雲一つない青空が広がる東京です。

ブログを書き始めて丸二年が過ぎ、三年目。
最近は特に、ワタシゴトもあったりと、“大野君ブログ”というにはかなりお粗末な偏った自己満ブログだけど。
まっ!いいっか(笑)

時々、自分の過去のブログを読んだりするのも楽しみの一つだったりするし…
自分の日記みたいな感じでやって行けたらいいかなぁなんて思ってます。

で、さっきも昨年の今頃は?なんて思い
、過去の記事を読みに行ったら、あらっビックリ!!

昨年と今年、全く同じ日の11月16日に、“大野君の声”について書いてるじゃないの(笑)

この偶然に一人笑っちゃいました。
進歩がないというか、大野君に対してブレないというか…

来年はどんなことを綴っているかなぁ?
ちょっと楽しみになってきました

な~んて私のことなどどうでもよくて…
つい前置きが長くなってしまいスミマセン(_ _)

さてさて本題へ。
先週のVSの大野君のこと

ピンボールランナーとジャングルビンゴでのIKKOさんとの絡みを見ていて、きっと大野君て女の子(彼女)にも、こんな風に接するのかなぁなんて思ってしまった私。

ピンボールランナーが終わった後、IKKOさんがピンクボールが落ちてきたと教えても「ハッハッハッハッ」しか言わないからって話す大野君の姿に、とっても“男”を感じドキドキ

そして、ゲームをリピしてみると、ほんと!
ピンクが落ちてきた時に、“ほらっ”て感じでIKKOさんをマイクの前にさり気なく誘導してるし…

大野君て、ちょっと頼りない女の子をこんな風にフォローしたりするんだろうか?

そしてジャングルビンゴでは、迷っちゃってるIKKOさんにさり気なく指差し、“ココ”って教えてあげてる姿にこれまた男っぽさを感じキュン

そして 出る時に15番の扉がIKKOさんの背中に当たり、閉まっちゃったのもちゃんと見ていて、 “わぁーやっと出られた~♪”って感じで、さっさと帰って行くIKKOさんのことは気にも止めず、これまたさり気なくその扉を直しながら戻るという。

この遠くからずっと見守っていて、最後にさり気なく手を貸し、彼女の分も責任を持って…みたいな頼れる感じが堪らなくカッコよかった大野君

終わった後、IKKOさんを助けたのか?というような質問にも

「ずっと同じとこ 
わかんなくなっちゃったぁしか言わないから…」

「途中で一緒になって二つ開いてなかったから…」ねって、IKKOさんを見る目が優しく男前

決して自分が教えたとは言わない大野君。

「大野さんお連れしたの?」の翔君の問に、「乗っかっちゃいましたぁ~」と答えたIKKOさんの言葉に照れ笑いの大野君。

その目尻のしわがたまらなくいいの
この大野君も男っぽく超カッコいい~

そして一言「綺麗に開いたよね」って。
二人で成し遂げた感を強調するようなこの言葉!

ふにゃふにゃっとして、母性本能くすぐられるというか、守ってあげたいような所もある大野君だけど、男らしい人なんですよ、大野君て人は。

女の子(彼女)には、きっとそんな頼もしい姿も見せるんでしょうねぇ~

あぁ~カッコいい

お相手がIKKOさんだったからか、ちょっと大野君の女性(彼女)に対する“素”を垣間見られラッキーだったような…(*^m^*) ムフッ

ほ~んと 大野君て魅力的

一人妄想広がるワタクシです(笑)
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-19 14:01 | VS嵐 | Comments(2)

プチ智ごと(死神くん小道具展)&銀ブラ♪

11月も半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みも本格的になってきました

昨日はデビクロ君のイベントを兼ね、横浜のクリスマスツリーの点灯式に相葉ちゃんも登場したようですが、街のあちこちでクリスマスのイルミネーションが始まり、いよいよクリスマスシーズン到来ですね

となると、年の瀬も間近な感じで慌ただしい気分にもなりますが、でもクリスマスの雰囲気に彩られるこの季節、街を歩いていてもなんとなく気分がウキウキ
大好きな1ヶ月です

そんな中、昨日は娘達も帰りが遅く、主人もお夕飯が不要。
食事の支度を気にせずにゆっくり出かけられる滅多とないチャンス
これを逃す手はないよね~(*^m^*) ムフッ

ということで、母と二人で銀座をブラブラ…
平日のお昼間だというのに、結構な賑わい。
街ゆく人達もなんとなく愉しげに見えるのも、クリスマスの雰囲気に包まれた街のせいなのでしょうか!?

銀座の名物とも言えるミキモトのクリスマスツリーも綺麗に輝き、その周りには写真を撮る人達が大勢…
e0355822_12180697.jpg
それもそのはず、1976年から銀座通りのクリスマスシーズンを彩ってきたというこの“ジャンボクリスマスツリー”、ミキモト本店の建て替えに伴い今年が最後の展示となるそうで、なんとも残念

このシーズンのお楽しみがひとつ減ってしまいますね(_ _。)・・・シュン

でも、最近ではもうひとつ素敵なツリーが…
ティファニーのクリスマスツリー
e0355822_12180614.jpg
淡いブルーとシルバーを基調にした高さ6mの巨大ツリー。
私の大好きな雰囲気のツリーです
それにサトシックにとっては更にテンションが上がる色合いですよね(笑)

だけどこのツリーお店の中にあるんです。
なので、ちょっと勇気は要りますが図々しくもお邪魔してパチリ

でも店員さんも快く迎えてくださり、「せっかくなので店内もご覧くださいませ」と…
まぁ全く買う気はないけれど、目の保養にとウロウロ

そしたらなんと“鍵”をモチーフにしたペンダントヘッドがずらり。

e0355822_12180648.jpg

(TIFFANY HP.より)
何とも、サトシックには購買意欲を掻き立てられる一品で、どれも素敵
が、お値段も素敵 (笑)

ご興味ある方は、TIFFANYのHP.を是非ご覧くださいませ~

こんな感じで、冷やかし半分の銀ブラ
なんとスマホの万歩計を見たら、一万歩以上歩いてました。
もうすぐ79歳になる母ですが、私も負けそうなくらい元気(笑)

そうそう、だって銀座の前には渋谷に寄って、死神くんの小道具展にも一緒に付き合って貰ったんですから。

昨日までだったので、人が多いかな?なんて思いながら訪れたのですが、誰もいらっしゃらず…
お陰様でゆっくり眺めることができました。

e0355822_12180618.jpg

ハサミとか懐中時計とか、大野君が使っていたと思うと
熱心に見入っている私の横で、母は笑ってました(´∀`;A

今朝のサトラジでも大野君、ドラマはコツコツと作り上げられるっていう話をしてましたが、画面に映るのなんてほんの一瞬でも、死亡者リスト(?)など、一つ一つが本当に丁寧に作られていて、小道具からも大野君の話を実感でき、貴重なモノを見せて頂いたなぁと、改めて思った朝でした。

2日連チャンで遊んでしまったので、今日はお天気もいいし、家ごと頑張らねば
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-18 10:23 | ブログ | Comments(4)

弦の響きと大野君の歌声

先週は日曜日からずっと娘達の用事が立て込み、バタバタの一週間。
で、ちょっとお疲れモードで迎えた週末

なので今日は、家でゆっくりまったりしていたい気分だったけど、前々からお友達と約束していた指揮者 中島良史さんのデビュー40周年記念のコンサートに出かけて来ました。

演目は中島さんの人生で特別な想いのあるという『カルミナ・ブラーナ』がメインでしたが、もう一曲が私の大好きな『アランフェス協奏曲』

やっぱり行って良かった~
一気に疲れもふっ飛びました。

生で聴く『アランフェス協奏曲』♪
スペインの情熱的な色彩感溢れるオケの響きに、ギターの音色が何とも哀愁漂い、ノスタルジック。

ギュッと胸を締め付けられるというか、一気に込み上げてくるものがある。

生で聴くギターの音色が素敵だった

そのギターの響き…
何かどこかで聴いたことがあるような感覚。
そう、大野君の歌声。

以前どこかで大野君の歌声はヴァイオリンの響きと似ているように思う、というのを読んだことがあった。

その時は私にはピンと来なかったが、今日 ギターの響きを聴いて、“これだ!”と思った。

ピンと張り詰めた音の中にも、ふんわりとした優しさがあり、甘さがある。
そして繊細で儚げ…
オーケストラと一緒になっても、その音色が心地良く響く。

アルバム『THE DIGITALIAN』の感想をまだ書いていなかったが、私の一番のお気に入りは“Tell me why”

悲しい歌詞だけど、熱い想いも伝わってくる曲調。
そこへ大野君の何とも哀愁を帯びた歌声が響く。
ソロ部分は勿論だがユニゾン部分でも、大野君のその哀愁漂う歌声が心地良く響き、胸がキュンとなり、鼻の奥がツンとなってくる。

それが正に『アランフェス協奏曲』のギターの響きと重なった。

そして大野君の新たな声の魅力を実感でき、またまた深い沼にズボッとハマった感じ(笑)


お友達と久しぶりに楽しいお喋りと共に、ゆっくりランチもでき、素敵な自分の時間が過ごせた日曜日

こんな自由な日曜日が過ごせるのも、何十年ぶりかも。
娘ゴトには、まだまだ手は焼けるけど、子供の成長も感じた一日でした。

暫く『アランフェス協奏曲』と『Tell me why』のリピが続きそう
[PR]
by 3104-nao | 2014-11-16 22:43 | 大野君 | Comments(2)