<   2014年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

暮れゆく2014年

今年も残すところあと数時間。
本当にあっという間の一年でした。

昨夜から作り続けたお節もようやく完成に近づきヤレヤレ┓(‾∇‾;)┏

少し前までは、お節を作ったのがはるか昔のことで、“どうやったっけかな?”って殆ど覚えていない状態だったのに、ここ何年かは、つい昨日のことのように記憶が蘇ってくるんです。

ホント何だか恐ろしい
一年が3ヶ月くらいな感覚…(笑)
私、一年間でどれだけ歳とっちゃうんだろうΣ(‾[]‾;)!ホエー!!

そんなことを思いながらの2014年大晦日。

そうは言いながらも、やはり嵐君達に、大野君に元気を貰い、気持ちだけでも若くいられた一年間でした。

中でも忘れられないのが、今年初めに大野君ラジオでメールを読んでもらえたこと
これは私にとってサイコーに幸せなできごとでした。

そして今年は、こちらのブログにも私にとっては驚くような大勢の方が毎日アクセスしてださり、コメントやいいね!など、足跡を残して行ってくださる方もいて、本当に嬉しく有り難いことだと、感謝しています。

と、同時にここでの自分の発言には、やはり大きな責任が伴うものなのだと実感した一年でもありました。

殆ど何の情報もなく、写真もなく、ただただ私の大野君への想いだけをツラツラ書いてるようなブログですが、来年もまた皆さんとお話しできたらと思います。
宜しくお願い致します(*^^*)

もうすぐ嵐君達の晴れ舞台が始まりますね。
嵐君達と楽しい年越しとなりますように!
良いお年をお迎えください。
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-31 18:05 | ブログ | Comments(2)

お節の買い出し&今年最後のアラシゴト

今日の東京は午前中は冷たい雨
この時期に雨が降るのも珍しいような。

そんなあいにくのお天気でしたが、もう十数年恒例になっている、母と一緒の新宿伊勢丹へのお節の食材調達に行ってまいりました。

もうすぐ79歳になる母。

「あぁ今年も元気に来られたわ!まだまだ私も若いわよね!でも……来年はどうなるかしら?」

これがここ数年、必ず帰りの電車で母が呟く一言。

初めは私が母のお供で買い出しに 行っていたのが、いつからか私がメインで母がお供(笑)
そんなことを改めて思うと、月日の流れを感じます。
こうやって、世代交代していくんですね。

いつもあちこち出歩き、元気にしている母。
ついつい普段は年齢を忘れてしまいますが、こんな時、老いていく母の不安や寂しさを実感させられます。

母との時間も大切にしなければいけませんね。

で、我が家のお決まりのお店で一通り買い物を済ませた後、せっかくなので先日のしやがれ!で“B班”のニノ君、相葉ちゃん、松潤が訪れていたお店も覗いてみました。

どのお店もアラシックさんで混雑しているという風もなく、いつもの年末の風景。

そして私が購入したのは…

バリックタルタルのサーモン(ガーリック&チリ)
e0355822_12180906.jpg

早速、夕食時にちっちゃいタルトに乗せてお味見
ガーリックもそんなにキツくなく、塩加減も程よく美味。
残りはお正月のお楽しみです

それともう一品
小布施堂の“栗あんババロアショコラ”
e0355822_12180918.jpg
こちらもお上品な甘さで美味しいです。
上に乗っている栗とそれを包んでいるチョコレートの食感が絶妙。
そしてチョコレートムースの苦味と下の栗あんの甘さのバランスがいい感じ。

主人にも娘にも好評な二品でした

智坦としては、本当は人形町の玉子焼も食べてみたかったのですが、それはまたのお楽しみということで……

確か今年のアラシゴト初めは、クラブハリエのバームクーヘン購入だったような!?
で、最後もまたまた食べ物で閉めるという

何とも食いしん坊な私らしい“仕事納め”(笑)となりました。

さぁー明日、明後日はお節作りを頑張らなければ!
だけど、ついこの前、お節作ったばっかりのような気がするんだけどなぁ~

ホント一年てあっという間
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-29 21:52 | ブログ | Comments(2)

Mステ☆“お宅の王子さま可愛過ぎます♡”

夕べ、Mステが始まってすぐに、お友達からこんなラインを頂いた。

「オープニング観てたら、思わずラインしたくなっちゃいました」って。

彼女は嵐ファンではないけど、そんなお友達にも“可愛過ぎ”とハートマーク付きで言われる34歳アイドル大野智って…(笑)

先日のブログ記事じゃないけど、あれを狙ってやっているのか自然な行動なのか!?

どちらにしても、あんな風に後ろの方から背伸びをして、ピョコピョコ顔を出すというあんなことをやっちゃう大野君てなんなのぉ~

ホント“可愛過ぎ”

そうそう!
その前の登場シーンでも、階段を降りる前に、キチンと止まって、きをつけ!の姿勢で深々とお辞儀をしていた大野君も、何だか学芸会か何かの子供を思わせ、私には何気にツボだった

そんな可愛い大野君、昨日は凄くスッキリしたお顔をしていて、いつにも増してオトコマエ

“GUTS!”の歌い出しって、いつもちょっとニヤッと照れくさそうな笑みを浮かべる大野君。
そのお顔がなんか甘くてキュート

そしてそれとは真逆で一転、シリアスな顔つきで、ちょっと神経質そうなピリッとしたお顔に毎度ドキドキさせられる“誰も知らない”

ヘッドマイクを微妙に調整するその仕草にもドキュン
やはり大野君の歌い出しはいいですねぇ~

その歌の世界に、ググッと一気に連れ去られます
大人っぽい嵐君達を満喫できた一曲。

Mステは、積極的に喋らない大野君に、いつもタモリさんが話を振ってくれて、優しくリアクションしてくれる雰囲気も大好き。

可愛過ぎる大野君と、カッコいい大野君。

あぁーもう“大野智”アナタってひとはッ
最後のアップの“はぁーはぁー智”に向かって思わず叫んでた私(笑)

語り出したら“止まらなぁ~~い”

こんなことばっかりやってる場合じゃないよヾ(°∇°*) オイオイ
さっ、掃除しよう
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-27 11:24 | ブログ | Comments(4)

今日の一言より心に響いた大野君の一言

クリスマスも終わってしまいますね。
いつもちょっと寂しい気分になります。

そしてこの日を境に、日にちが経つのも一気に加速がついて、気がつくと大晦日…
っていうのがここ数年の感じ。

あぁーまだ何一つ片付いてないヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。( ヽ(д`ヽ)

明日から少し本腰入れなければ
と、気合いだけは入れてみる(笑)

さてさて、今日のサトラジでの大野君のこの一言

『そう!色々思い出すのがクリスマスかもしんない』

とっても心に響きました。

なんて温かい言葉なのだろう

そして、幼い頃の思い出が次々蘇ると、楽しそうにご両親との思い出を話してくれた大野君。

あたたかい風景が目に浮かびます。

私も娘達に、こんなあたたかい思い出を残してあげられているだろうか?

モノではない心を…

クリスマスの日に、また大野君から貰った素敵なプレゼント


e0355822_12181042.jpg

聖なる夜に

[PR]
by 3104-nao | 2014-12-25 23:42 | 大野君ラジオ | Comments(2)

ニノ君の言葉


e0355822_12181010.jpg

クリスマスおめでとうございます

皆様はどんなクリスマスを迎えられたでしょうか?
私は、こんなダンディケーキを作ってお祝いしました。

大野君は、今日はお仕事があると、今朝のラジオで言っていましたね。
今年はもう31日まで、ノンストップでしょうね。

p(´∇`)q ファイトォ~♪

そんな嵐君達、昨日無事にツアーを終え、その最終日の様子がWSを賑わせていましたね。

私も東京の初日、19日に行ってきました。

WSでも紹介されていましたが、無線制御されたファンライトや、嵐君達の心拍数が表示されたりとハイテク満載の演出。

新しいことへの挑戦!
前へ前へ!!

そんな意気込みが感じられる舞台でした。
が、私的には以前までの舞台がちょっと恋しい様な気がしたというのが、正直な気持ちです。

ライブで何が観たいか?
やはり、彼らの歌と踊り

新しいことへ向かっても、前へ進んでも、彼ら5人がパワフルに楽しそうに、歌い踊る“~タリアン”の部分だけは大切に守っていってくれたらなぁと思ったりします。

というのが、あくまでも私の個人的な全体に対する感想です。

で、大野君
ソロですが、私には大野君、ちょっと鼻声だったように聞こえ、それがまた超絶セクシー

そしてソロに限らず踊りがとにかくキレキレ
足の先から手の先まで、全神経が行き届いていて、ビンビン気持ちが伝わってくる感じ。

また、ターンが凄い
クルクルッと回る姿が、本当に綺麗で一際目を引き、目に焼き付いています。

Monster♪のイントロでは、メインステージに向かって歩いて行く大野君の後ろ姿が、とにかくカッコいい
ぜひぜひ、DVDに残ることを願いたい(>人<*)ォ願ぃ…!!!

私もPopcornとLove二年続いての留守番組でした。
ツアーって、このお留守番組には長いんですよね。
毎週毎週、モヤモヤ、ざわざわ…
ホント何とも言えない気分。

きっと今年も本当に多くの方が、そんな思いをされていたんだと思います。

かと思うと、何回も行ける人もいたりして…

仕方がないことなのかもしれないけれど、私にはやっぱり納得いかないんだなぁ。

ファン同士、想いは皆同じ。
優しさだけは忘れないようにしたいですよね。

ニノ君が19日の最後の挨拶で言っていた言葉が心に残っています。

『毎日楽しくても愉しくない。楽しいことが全くなくても愉しくない』


欲張らないでいきましょうよ!
楽しいことばかりじゃ、愉しくないんだから…

ファン皆が、一度ずつ公平に嵐君達に会える楽しみを味わうことができますように!

そんな想いを、このニノ君の言葉に重ねた私でした。
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-24 23:40 | ブログ | Comments(3)

『仕事の中での自分は基本、本来の自分ではないよ』(訂正箇所有り)

月刊TVfanのインタビュー記事。

そっかぁ…

そうだよね。

お仕事だものね…

そんなの当然と言えば当然のことかもしれない。

でも大野君本人の口からキッパリ語られたこの言葉

「仕事の中での自分は基本、本来の自分ではないよ。」

私的には結構な衝撃だった

その後、「まぁバラエティーはかなり素に近いけど、でも完全ではない。だから面白いっていうのはあるかもしれないね」

そして

「あとは嵐はあくまでファンあってのものだから、お芝居だったらちゃんと演じるし、歌だったらちゃんとパフォーマンスして伝えるし……」

と続く。

う~ん………
これのどこが私自身にそんな衝撃をもたらしたのか!?

何度も何度もその部分を読み返し、自分自身に問うてみる。

やはり私が観ているのは、“嵐の大野智”なんだ。
と現実を突きつけられた気がしたのかな?

何だかスッゴく遠い存在に感じたのかな?
(って、元々近い存在なんかじゃなく、勝手に親近感を感じてるだけなんだけどね 笑)

ライブに行くといつも感じるそれと似ているのかもしれない。

現実には、テレビの向こう側にいるより、今 目の前にいるわけだから、いつもよりずっとずっと近くに居るのに、何故か凄く遠い人に感じるというそれ。

いつも私は、“大野智”というヒトが好きと言っているが、それって幻想にしか過ぎないのかな?

先週のしやがれ!を観て、「(ブリの押し寿司)これ僕食べて良い?」って聞く大野君の可愛さにキュンとなり、恥ずかしそうに「じゃ、これ、親子焼きください!」って、たどたどしく言う大野君に萌え

大野君と一緒にお買い物したいね~♡なんて、お智達とラインで話したばかりだった。

バラエティーで見せる顔はかなり“素”に近いけど完全ではないという大野君。

だけど、本人が気づかないだけで、やっぱりバラエティーではかなり“大野智”が見え隠れしてるような気がする。

いや!そう信じたい

魅せる“嵐の大野智”も好きだけど、やっぱり私は“~タリアン”の部分を感じたい
そしてそこに惹かれる

だからこそ、こんなに大野君にハマるんだと思う。

それが大野君言う所の“素に近いけど、完全じゃないから面白い”っていうことなのかも。

わかりそうで、わからない的な(笑)

う~~ん………
あんなシラーって何も考えてない風で、ヤツは結構分かってるのかなぁ!?

いや、無意識だからその“面白さ”とやらにハマるのか!?

“小悪魔智”め(笑)


今日もずうっとこんなことが頭から離れない(((((°°;)
そんな大野君に翻弄されながら、2014年も暮れていく
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-23 00:23 | 雑誌 | Comments(10)

オラフなダッフィーちゃん♡

長女がここ数日、珍しく学校から帰ると夜な夜な机に向かっていたので、試験でもあるのかと思いきや…

こんなものを作っておりました!
e0355822_12181016.jpg
ダッフィーちゃんに、オラフの着ぐるみ

見様見真似で、試行錯誤の末、完成
予想以上の出来に母娘でテンション

昨夜は撮影会(笑)

あまりにも可愛いかったので、載せちゃいました←親バカ(*ノ∀`*)ゞエヘヘ
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-22 11:46 | 私ゴト | Comments(8)

『鰓呼吸』で忘年会☆

昨日はあいにくのお天気
冷たい雨が早くから降り出し、夕方には結構強くなってきて本降りに

でもでも、昨夜は心はと~っても温かく、楽しい年の瀬のひと時

下の娘が中学一年生の時にクラスが一緒で、出席番号が続いていた4人が、偶然にも母娘で嵐ファンだったという、娘繋がりから始まったママ友さん達。
もう5年ものお付き合い。

いつもは娘達が学校に行っている間にお会いして、あまりゆっくりはできないけど、昨日は娘達が修学旅行中
これを逃す手はないと、忘年会を企画。

場所は勿論嵐君達絡み。
4人中3人が大野君ファン…
なのでnon・noの『サシノミノアラシ』のあの場所で…
e0355822_12181136.jpg

東京ドームのツアー中だし、このお席 予約がとれるかなぁ?と心配でしたが、難なくクリアーO(≧▽≦)O ワーイ♪

「さぁ、何頼む?」

そりゃあね~目的は一つ
お店の方に恐る恐る「大野君達が食べたものって?…」と聞くと、既に一覧になってて、間髪入れず「こちらですね!」って。

もうお値段も料理もあまり確認もせず、4人 声を揃えて「じゃあ、それ全部!!」
大人買いならぬ、大人注文(笑)

気心知れたお友達…いいですよねぇ。

運ばれてきたのは

•お刺身五点盛り
•箱入りウニ•イクラ
•活 アワビ焼き
•牛スジ煮込み
•厚切りベーコン
•ぶっかけうに寿司
•イカゲソバター焼き

さすがウニ好き大野君と貝好きな翔君のチョイス!
でも、どれもとっても美味しくて大満足

なまものは勿論だけど、牛スジ煮込みとか厚切りベーコンが美味しいの
e0355822_12181114.jpg
もう散々食べた後ですが

店内にはお二人が掲載されたnon・noも置いてあり、それをパラパラやりながらお兄さんが説明してくれたりして、とっても親切。
残念ながら、その方はお二人には会えなかったらしいですけどね。

私達が18時頃行った時は、満席に近い感じでしたが、時間が経つにつれ、土曜日だったからか、わりとお店も空いていて、凄~くゆっくりくつろげ、食べる、飲む、喋る、笑う………

気がつけばあっという間の3時間越えナントッ!!Σ(゜∀゜ノ)ノ
時間制限もないので、本当に堪能致しました~

麻布十番の駅からもすぐですし、これから忘年会を!というサトシックさんにはおススメです。
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-21 11:53 | 嵐 ロケ地めぐり | Comments(7)

“人を育てる”ということ

よく晴れ渡った東京です
が、まだ爆弾低気圧は猛威を振るっているようで、引き続き予断を許さない状況が続いている地域もたくさんあるようで…
どうか被害が広がりませんように!

今年も残すところあと僅か。
嵐君達の15周年もこの5日間で締めくくりとなるのでしょうか。

彼らにとっての15周年、5人それぞれにとっての15年。
そしてそれを一緒に迎え、お祝いできた私たちにとっての今年。
そのラストが素晴らしいものとなりますように

嵐君達の15年は、10年間はゆっくり、ゆっくり急なジェットコースターの坂を上っていた感じだったと、雑誌で大野君も話していたが、決して平坦なものではなかったし、大野君に至っては、つい5年前まで辞めたくて仕方なかったというから驚いた。

そんな風になかなか“芽”のでない彼らを、辞めたいという大野君を、ずっと見守って育ててきたのがジャニーさん。

娘が終業式に学校から頂いてきたお便りにこんな聖書の一節があった。

『ある人が良い種を畑に蒔いた。人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いた。芽が出て実ってみると、毒麦も現れた。(中略)僕(しもべ)たちが、「では、行って(毒麦を)抜き集めておきましょうか」と言うと、主人は言った。「いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。」』(マタイによる福音書13章24~30節)

絶対に毒麦であると判断でき、良い麦との区別が明確で、安全に刈り取ることができるもの(こと)ならば、早い段階で、毒麦を刈り取ることも必要だが、場合によっては私たちが毒麦だと思っていたものが、別の視点から見れば、毒麦ではないこともあるわけで…

子育ても含め、“人を育てる”ということは、その見極めと“待つ”ということが大切だということなんですよね。

頭では分かっていても、それを実行するのはなかなか難しい(´∀`;A

そこへ行くと、やはりジヤニーさんは、さすがですね。

例えは乱暴かもしれないが、まだ毒麦とも良い麦とも、分からない“芽”を、ある程度見極め、“育つままに”しておけるんだもの。

そのお陰で今の大野君もいて、嵐もある。

そんなジャニーさんに感謝しつつ、彼らへの15年分の“ありがとう”の気持ちも忘れずに、16年目からの彼らの活躍を応援し続けたいものです。

そして私自身も遅ればせながら、この聖書の言葉をもう一度、ヒシと心に刻み娘達と向かい合っていこうと思ったしだいですが……

あぁでも随分、刈り取っちゃったかもね~
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-19 11:05 | ブログ | Comments(6)

あぁ終わっちゃったぁ~(_д_ll)

久しぶりに毎週楽しみに観ていたドラマ『今日は会社休みます』が、終わっちゃった

こんなに欠かさずちゃんと観たドラマは、『半沢直樹』と『ルーズベルトゲーム』以来かな!? 

あっ、勿論大野君のドラマは別ですよ。

しかもこういう恋愛系のドラマなんて、この歳になったら、もう面白みを感じることもないんだけど、このドラマは嵌まった。

特別なことは何もなく、どちらかというとよくある話。

でも何だかキュンとなる。
自然と数十年前の自分の気持ちとか想いとかが蘇り、ドキドキしたり、悲しくなったり、不安になったり…

久しぶりに楽しめるドラマだったなぁ~

花笑さんのお母さんもお父さんも、また良い。
今の私はその気持ちにもなれたりする。

そしてペットのマモル
コレがまた、お芝居が上手で笑っちゃう(*^m^)o==3プッ
しかもお名前が大野君の父ちゃんと同じ。
こんな所でも親近感(笑)

あったかいドラマだったなぁ~
端々に優しさも感じられ、癒された。


そう、ニノ君の映画が発表になりましたね。
山田洋次監督で吉永小百合さんと親子役
これを聞いただけで、完成が楽しみです

私がこんなに楽しみなんだから、ニノ坦さん達はどんなにウキウキされていることか…

あぁ大野君もやってくれないかなぁ~
人間の役。

(笑)

そしてできれば、厚みのあるもので…
勿論キュンとさせられるものでも、私はO.K.ですけどね
[PR]
by 3104-nao | 2014-12-19 00:38 | ブログ | Comments(6)