<   2015年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

しやがれ!☆帽子職人の大野君の色気にクラクラ

今日で8月も終わり。
この夏の後半は、実体のない毎日で、早かったのか遅かったのか、その時間の感覚さえない感じだった。
が、9月からはまた少しずつ元のペースに戻れそう。

今日も刺繍のレッスンに行き、久しぶりの楽しい時間♪
そして作りかけだった作品も完成!
e0355822_23242898.jpg

クロスステッチにホワイトワークを施したもの。
間に入れたビーズがまた可愛いんです♡
これを額に仕立て、玄関に飾りたいんだけど、なかなかいいものが見つからない(>_<)
まぁ気長に、お気に入りを探すことにします。

さてさて、また前置きが長くなっちゃいましたが、先日のしやがれ!の帽子職人の大野君、何だかとっても色っぽくなかったですか?

特に松潤が「薄くね!?」って、文句言うからと、ぐちぐち言いながら、帽子の形を整え、画びょうで一生懸命止めてる大野君。

額ともみあげの辺りに薄っすらと汗をかき、真剣な俯き加減のその横顔が…色気ダダ漏れ053.gif012.gif

一時停止でガン見 (//∀︎//)
大野君じゃないけど、ずっと見ていられる(笑)

器用に帽子を作る大野君の指先も、また、いいし053.gif
とにかく終始、色気溢れる大野君。

大野君て、綺麗な大人の女性と並ぶと、何だか妙に色気が増すような……

そんなことを感じたのって、私だけかしら!?
( ̄∀︎ ̄*)イヒッ

そうそう、途中 「スピード勝負ですよ!」とスタッフに言われ、「うるさいなぁ」と言う大野君も、ツボ053.gif
その一言にさえ、色っぽさを感じたりして(病気です ^^;)

今回の作ってみよう!も暫くリピが続きそう。

[PR]
by 3104-nao | 2015-08-31 23:24 | 嵐にしやがれ! | Trackback | Comments(2)

芳麗さん☆作品集『FREESTYLEⅡ』感想に共感

まだ8月だけど、秋の長雨という感じで、肌寒くお天気の悪い日が続く東京。
いい加減、お日様が恋しくなります。

さて、今日は雑誌でもお馴染みの芳麗さんが、ご自身のブログで大野君の作品集『FREESTYLEⅡ』の感想を書かれていたので、それをご紹介。

芳麗さん、個展は観に行かれなかった様ですが、作品集をご覧になり、

(前回より)成熟と変容を感じさせるもの。でも、根底にある子供のように無邪気で自由な感性や、シンプルな情熱は変わらない。洗練された作品なのに、一心不乱に描いたり、創っていたであろう痕跡も見えている。

などと話されていて、至極共感。

私も会場で、どの作品からも、大野君がそれと一心不乱に向かい合っている姿が自然と目に浮かんできたのを思い出した。
芳麗さんも好きだと仰る、「サイトウくん」のフィギュアたちからは、“ふふっ”といつもの笑いを浮かべたり、ひとり言をボソッと言いながら創っているその言葉までが、勝手ながら想像できてしまう感じだった。

そんな私も感じたことを、さすが素敵な言葉で表現してくださっている芳麗さん。
そのブログはこちらから♪

まだご覧になっていない方は、ぜひ訪ねてみてくださいませ〜(*^^*)



[PR]
by 3104-nao | 2015-08-30 21:36 | FREESTYLE Ⅱ | Trackback | Comments(2)

TV誌&サトラジから思うこと

昨日は少し暑さも戻った感じの東京でしたが、今日はまた曇り空。

気温も低めだし、娘たちもそれぞれの用事で学校に行ったりしているので、日にちの感覚が何だかおかしい。
まだ8月なんですよね。
このまま、秋になっちゃうのかな?
涼しいのは楽だけど、ちょっぴり寂しい気もします。

さて、私ゴトですが父もICUからCCUに移り、少しずつリハビリも始まり、体力の回復を待ってICD(植え込み型除細動器)を植え込む手術をするとのこと。

一度心室細動を起こすと、また起こす可能性は大。
服薬による不整脈の予防と共に、ICDを埋め込み、万が一の時に備えるということみたい。

なので、これからは爆弾を抱えながらの生活になりそうですが、この奇跡を大切に、あとは父の寿命と神様にお任せして、父が父らしく生きられればいいなぁと思ったりしています。

私は一人っ子なので、高齢の母のことなども気にしつつ、一人で大丈夫かしら?なんて心配になったりもしましたが、娘たちが大きいので、結構助けてくれ、ありがたい。
父の看病をできるありがたさを噛み締めながら、両親との生活を楽しめたらなぁと思います。

父のことでは、皆様に温かいお言葉をかけて頂き、心強く、嬉しかったです。
本当にありがとうございました♪

というわけで、父のことも少し落ち着いてきたので、またまたサトシゴト&アラシゴトもぼちぼち再開。
またしょうもないことを、ここに綴らせて頂きますので、良かったらお付き合いくださいませ001.gif

昨日は早速、お買い物ついでに本屋さんにも寄り、TV誌を物色(笑)
でも、私 偉かった!!
どれも連れ帰るのはグッと我慢。

TV stationのサスペンダー大野君に癒され、他のTV誌の相葉ちゃんや翔君とのツーショットに心和まされ、帰ってきた。

その中で、メンバーが大野君のことを描いてくれた絵の感想を話していた記事が印象に残っている。

立ち読みなので正確ではないが、相葉ちゃんの絵は、細かいところまで描かれていて、翔君の絵はよく観察しているというような感想だったと記憶している。

皆の被写体となった自分の写真が、少し傾いていて、それを表現していたのが翔君だという大野君。
その着眼点が凄いと。
でもその他のメンバーも、四人四様で、それぞれ着眼点が違い、面白かったと。

さすが大野君!
見るところが違いますよね〜

って、皆さんはわかりませんが、少なくとも私とは……(^^;;

モノの捉え方が、広いというかなんというか。
そんなところにも、大野君の自由さを感じた私でした。

今朝のラジオでも、就職試験の面接で頭が真っ白になり、失敗してしまい落ち込んでいるというリスナーに、

「(それは)しょうがないことであって、ある意味素直。
僕が面接官だったら採用ですね。
印象に残るし、あっ、この子、計算がないというか素直にこうなったんだな。あとはそこを鍛えればいいという話でね。
色んなことありますから……」


と言う大野君。

この励ましの中には、決して相手を否定せず、でも失敗は失敗として受け入れ、前向きに次へ繋がる言葉が満載。

大野君の優しさや心の広さ、自由さを感じさせられ、またまた感動。

大野君の視点は、どんなことに対してもブレることなく、人を“自由”にしてくれる温かさがある気がする。

ASIAN POPS MAGAZINEの記事で王プロデューサーが言った大野さんの作品には“自由の魂”を感じると話されていたことが思い出された。


大野君の作品も生き方も“FREESTYLE”
でも、それは決して独り善がりの勝手なモノではない。
いつでも周りを温かく包み、相手も自由にしてくれる自由さ。
それが大野流“FREESTYLE”なのかもしれないなぁ。


そう、こんな記事をのらりくらりと書いていたら、今日はアルバムの発売も発表になりましたね。
お友達から教えて頂き、なんと3種類もあるということに、ちょっとビックリ!

どうも事務所の売らんかな精神が見え見えで、それに乗せられるのも癪な気もするのよね。
でも買っちゃうんだろうなぁ〜悔しいけど(笑)

そして今夜はMステに生出演ですね♪
楽しみです

[PR]
by 3104-nao | 2015-08-28 13:46 | 大野君 | Trackback | Comments(4)

ASIAN POPS MAGAZINE 117号☆大野さんは常にゼロにできる人

e0355822_18051215.jpg


楽しみにしていた雑誌『ASIAN POPS MAGAZINE117号』が今日 届いた。

前回はほんの少しの記事だったが、今回は全2ページ。
上海と表参道の個展の様子が1ページずつ。
表参道のFREESTYLE Ⅱの記事は会見が主で既出の
内容。
写真もパグをバックにしたものや、展示作業中のものなどで、特筆することもない感じ。

一方、上海での個展の記事は、その個展のプロデューサーの王 瑠迦さんへのインタビュー記事で、とても興味深いもの。

そして写真もお馴染みの“謝謝”を指差しているものから、上海の街中の個展のポスターの様子や、会場で並んでいるファンの人たち、個展開催を祝う花たち、それに上海で一番一般家庭に普及している新聞で個展が取り上げられた際の記事など、私には目新しいものも多かった。

その新聞の見出しが『アイドルとしての人気と同じように実力で得た賞賛』となっているという解説もあり、何だかとっても誇らしい001.gif

王さんは、東京藝大大学院を卒業されていて、芸術家の卵もたくさん見てきた方。
そんな王さんに大野君がどんな風に映っているのか……

大野君は、とにかく“ふつう”だと。
田子坊を歩いた時も、ふつうの感じで街になじんでいて、びっくり。どこにいても溶け込むことができる方なんだと思うと。

そしてすごく優しく、心遣いがすごくて、スターぶらない。

芸術家はカッコつけてしまったら、本心が見えなくなるからダメ。本心が見えるように常にゼロからスタートさせるのだと。
認められても、賞賛されても常にゼロにできるのが真の芸術家だという王さんは、だから大野君は、ふだんはふつうの人の感じでいて、一度ステージに立つとオーラが自然と出てくるのではないかと。
そして作品も、大事なのは人間の中身だという話がとても印象的だった。

そして大野君の魅力の一つは、そのふだんとのギャップなのではとも。

やはりお国が違っても、大野君に感じることは同じなんですね〜053.gif

それから王さん、忙しい中、あれだけの作品を作る大野君は精神的に強い人とも言っています。
そして大野君の作品には、“自由の魂”を感じると。

芸術は終点のない無限大だと思っているので、大野さんにはこれからもずっと続けて欲しいと。

上海の個展、ぜひやりたいと企画書を出したはいいけど、コンサートではない作品展でどのくらい動員できるのか少し不安だったという王さん。
しかし、理想は8000人だったのに対し、実際は3万人くらいになり、大成功だったとのこと。

企画してから開催まで1年という準備期間を要したが、開催できてよかったと。

上海での個展は、凄いことだとわかってはいても、私にはちょっと遠く、どこかよそごとの様な感覚も正直あったが、王さんのインタビュー記事を読み、とても親近感を覚えた。

海を越えても、大野君に対する感じ方、想いには共通することがたくさんあり、それはきっと大野君が、本当に“ふつう”の人だからなんだろうなぁ〜

そんな風にいられる大野君て、本当に素敵な人。
そして王さん仰しゃるように、精神的に強い人なんでしょうね。
やはり大野君て、偉大だぁ〜!!

[PR]
by 3104-nao | 2015-08-27 23:46 | 雑誌 | Trackback | Comments(2)

大野君 ありがとう

ちょっとブログを書かないうちに処暑が過ぎ、昨日あたりから、秋風が吹く涼しさ。
外からは虫の音も聴こえてくる。

しょうもない記事を毎日のように書いていたので、ここのところ更新がないのを心配して、お声をかけてくださった方もあり、ありがとうございます(*^^*)
とても嬉しかったです。

明日でちょうど一週間。
下の娘と指折り数えて、楽しみにしていた大野君の個展を観に行くというその日。

父がテニスをしていて突然倒れ、一時は心肺停止状態となり、数日間目を覚まさなかった。

もうすぐ80歳になるので、いつかこんな日が来るとは頭では思っていたが、突然逝ってしまうというのは、やっぱり辛い。
どうにか、もう一度意識を取り戻して欲しい。
とにかく祈るしかなかった。

そして奇跡的に、回復。
意識も戻り、会話もできるようになり、今日は、ICUから出られた。
ホントにありがたいこと。

この一週間で、生きるということを色々考えた。

医者は病気を診る職業ではあるけど、その“人の生”も含めて診てくださる素敵なDr.の一言に出会った。

「病気を知り、そのために大好きなことを全部我慢して、元気でいることが幸せか?
知らなかったからこそ、大好きなことをずっと思いっきり続けてこられたのだから、本人にとっては幸せだったのでは?」

母と私は救われた。

人が“生きる”というのは、ただ食べて、寝て、呼吸して……ということではないわけで……
その人らしく“生きる”ことがベストなわけで……

人は、いつどうなるか本当にわからないもの。
“今”この時を、自分に対しても、周りに対しても大切にしなければ、とつくづく思う。

そんなこんな一週間が過ぎようとしているが、あの日は、大野君の個展にも行くことができた。
ちょうど夕方の回だったので、父のこともひと段落し、あとは病院にお任せするしかない状況となり、私たちは個展会場に向かった。

複雑な思いではあったけど、大野君の作品から沢山の力を貰えたことだけは確か。

どの作品からも、本当に大野君は絵を描くこと、ものをつくるコトが好きで好きで仕方ないんだなぁということが伝わってくる感じ。

特にサイトウくんのフィギュアからは、楽しくて仕方ないといったものが溢れているような……

そして何よりも印象的だったのは、大野君の描く“目”

何かを訴えかけられているような…
優しく、繊細で、でもすごく力強く、惹きつけられるものがある。
内から溢れて出てくるものを感じる。
正に、“大野智”っていう感じがした。

描かずにはいられない。
そんな大野君が、本当に感じられ、大野君が大野君である為に、大野君が大好きなことを、ずっとずっと続けられますように!

そしてそんな大野君の宝物たちを私たちみせてくれて、本当にありがとう053.gif


帰りに娘がおじいちゃんにと、パグのTシャツをお土産に買っていた。
ICUでもずっとベッドサイドに置いてあり、意識が戻ってからそのTシャツを見た父。

「あっ、いいねぇ」と。

孫娘とお揃いで着られる日が来ますように!


[PR]
by 3104-nao | 2015-08-25 23:04 | FREESTYLE Ⅱ | Trackback | Comments(8)

大野君ラジオ☆もし娘がデートしたいって言ったら

今日もまた残暑厳しそうな東京です058.gif
でも暑いあついと言いながらも、もう8月も後半。
日が傾くのも早くなってきて、少しずつ季節の移り変わりを感じる今日この頃…

今朝のサトラジでは、大野君 夏休みの思い出話をしてくれていました。
ランドセル背負って、朝顔の鉢を引きずりそうに持って帰って来るさと君。

お友達とお祭りに行って、あんず飴なんかをペロペロする智君。

父ちゃんや母ちゃん、姉ちゃんと楽しい旅を楽しむ大野君。

そして夏休みの最後に、渋い顔して必死に宿題をやっている姿。

どれもが手に取るように想像できて(勝手にだけど)、笑っちゃう (≧m≦)ぷっ!

そんな極々普通な子供時代を過ごしてきた少年がジャニーズに入り、全くの別世界を生きるようになるわけで……
その戸惑いは、大変なものだったんだろうなぁとつくづく思ったりする。

そして先日の大野君が親父になった時の妄想劇場をふっと思い出す。

大野君、自分自身のデートや結婚なんていう話題は、凄く上手くはぐらかして、すりかえちゃうのに、自分が親になった時のことになると、結構饒舌に語る印象がある。

大野君が家族と過ごした子供時代がきっと、楽しく幸せだったから、やっぱり自分が家族を持つことを、想像するんだろうなぁ〜

翔君もZEROスピンオフで言ってたものね。
子供とか欲しいって……

だけど決して、そのまず大前提となる“結婚”ということには積極的に触れようとはしない翔君。
そこにアイドルの辛さを感じ、大野君の今回のラジオがそれに重なった。

大野君だって今年はアラフォー。
娘とのやり取りを想像したくもなるよね。
嵐君5人が集まると、そんな未来の話をすることもあるのだろうか!?

大野君が子供の話をする時、その子の横にいるママって、どんな人を想像しているのかな?

そんなことが頭をよぎる。

大野君の父ちゃんぶりって、見てみたい(*'‐'*) ウフフフ♪︎

でも、だけど………
その前に乗り越えなければならない壁が(笑)

大野君には幸せになって欲しいって、思うんだけど、いざとなるとまだ覚悟がねぇ (ll゚д゚)

やっぱりもう少し、妄想劇場を楽しんでて〜〜
なんて思っちゃう。

ごめんよ!大野君 ァハハ・・(^д^;)


[PR]
by 3104-nao | 2015-08-19 13:41 | 大野君ラジオ | Trackback

『美術手帖』9月号 & 『AERA』 ’15.8.24No.36

今日は朝から土砂降り057.gif
気温は低めですが、窓が開けられないからやっぱりムシムシ。
でも、少し気温が下がると あの暑い日の疲れがドッと出る感じで、ちょっと横になったら、ワンコと一緒に、すっかりお昼寝してしまった私 (^_^;)

だけど、おあずけをくらっていた『美術手帖』はしっかり、朝一で連れに行って参りました(≧∇≦)♡

そしてついでに、7月に放送された“ジャパモン”の様子が掲載されているという『AERA』もチェック。

“ジャパモン”の記事は見開き2ページ。
1ページ目の上、1/3ページ位の大きさで、収録時の写真が…
大野君は白い英字入りの黒Tシャツで、髪もサラサラな感じ♡
相葉ちゃんは、長袖の白シャツを腕まくり。
テーブルの上には、放送時出てきた“ともだち丼”が何故か一つ(笑)
銀色の浅めの蓋つきの器に盛られている。

テキストによると、この放送の1時間後、“ともだち丼”がTwitterの検索ワードランキングで1位になったようで、「恐るべき、嵐の起爆力」とあった。

テキストの他の内容は、番組内の小山薫堂さんとの話をまとめた感じ。

外食産業を巻き込んでの、この“ともだちの日”は、何となく経済効果などを狙った商業的意味合いが強く、それに嵐君たちが上手く使われてるなぁといった感じだが、まぁ彼らもアイドル。
こういうのもありかな?と……
そんなことを思いながら読んだ。

でも、スタジオ収録時のお写真は、一見の価値ありかと!?
大野君の伏し目がちの視線に、トロン012.gifとしちゃう053.gif
本屋さんに行かれた際には、ぜひ覗いて見てくださいませ〜

そしてあの番組での大野君と相葉ちゃんのトークは、凄く良かったですよね〜
またあんな番組 どこかでやってくれないかなぁ。

それはさておき、メインの『美術手帖』のお話を。

大野君のグラビアや作品の写真、奈良さんのインタビュー記事と、とにかく盛り沢山の全16ページ。

嬉しいですね〜ヽ(*^∇^*)ノ 

まだ一度、サラッと読んだだけですが、インタビューも大野君の声がそのまま聞こえて来そうな感じなのが、凄くいい!

そして私のような素人にもわかりやすく、でも細かく制作過程や大野君のアーティストとしての顔などにも触れられていて、既出の話も結構あるけど、また違った側面から楽しめるテキストだった。

で、このテキストを読んで私が一番感じたのは、

“あぁ…大野君は、本当に絵を描くことが好きなんだなぁ”

ということ。

そしてそんな大野君て、素敵だなぁ〜053.gifと。

だから奈良さんのインタビューの最後の言葉

『もともと誰にも見せないでずっとやっていたから、急に作家みたいに思われてもプレッシャーで描けなくなるだろうし、これから周りの環境に本人の望まないかたちで左右されなければいいなって、いつも思うけどね』

に、大きく頷いた。

絵や創作活動は、大野君にとってこれからもずっとずっと、『FREESTYLE』でありますように!
私も心からそう願わずにいられない。


奈良さんのインタビューは、Twitterにあったように、大野君に媚びることなく、率直で、でも温かいもので、二人の関係の素晴らしさを垣間見た気がした。

詩に例えながら、要らないものを削ぎ落とすことにより、その人なりの個性が出るという奈良さんのお話が、凄く印象に残った。

表現するってそういうことなのか!と。

もしかしたら大野君、踊りなどにも通じる部分があるかも……

大きな括りでの、『“表現者”大野智』として、これからどんな風に“進化し深化”するのか、楽しみなような気がした。

奈良さんとの出会いは、大野君にとって大きなものなのだろうなぁ、などとも改めて思ったりもした。


そして今回のシンプルなグラビアが私的には、印象的で心に響いた。

内から溢れる年相応な、大人で知的な魅力が伝わってくる感じ053.gif
撮る方も撮られる方も、やっぱり表現者だなぁ〜と思わせられる数枚だった。

『美術手帖』の特集は、やはり期待通りの内容で、何度も読み返したくなる。
明後日は、いよいよ作品とご対面出来るので、またこのインタビュー記事も改めて楽しめそうだ♪


[PR]
by 3104-nao | 2015-08-17 18:18 | 雑誌 | Trackback | Comments(11)

嵐にしゃがれ!☆大野君&坂本くん 五右衛門風呂でトーク

夜になって雨が降り出した東京057.gif
明日も雨が残るようで、お盆休み明けの方にはちょっと辛い週明けになりそうですね。

さて、今日は大きなお休み毎に母が楽しみにしている、母娘三代の女子会。
e0355822_22254965.jpg

今回は、下の娘のリクエストで『なだ万』でミニ懐石。

日本料理は食材だけでなく、器や盛り付けにも季節感がいっぱいで、見た目にも楽しめるから大好き♡
勿論 お味も上品で、どれもとっても美味。

何より、母も孫娘たちと嬉しそう♪
またこの夏休みも、元気に母娘三代で女子会ができたことに感謝です♡

さてさて、前置きはこれくらいにして、そろそろ本題へ…
楽しみにしていた昨日のしゃがれ!

五右衛門風呂作りも、とっても落ち着いた二人のほんわかとした雰囲気が観ていて心地良い053.gif
何とも微笑ましい先輩、後輩の関係……そんな二人に何故か胸がキュッとなる。

雨がそぼ降る中、出来上がったお風呂に気持ち良さそうに浸かる二人。

長風呂は苦手だと言っている大野君だから、お風呂に入りながらのトークなんて、のぼせないかとちょっと心配しながら見ていたが、そんな心配をよそに、途中から何だか寒そうな大野君!?

そしたら、やっぱりね〜
お湯がどんどん漏っちゃって、最後は寒いぐらいだったって……
お二人とも風邪引かなかったかしらね(>_<)

な〜んてそんな要らぬ心配は置いといて……

坂本くんは、やはり大野君の兄貴っていう感じで、見ていて安心感がある。
そして色々なことを経験し、乗り越えて来た坂本くんだからこそ、一言ひとことが温かく、説得力がある。

今回も、坂本くんの踊りに憧れ、ビデオを何度も巻き戻して観ていたと言っていた大野君だが、ラジオでも坂本くんのことを時々話題にするし、
大野君にとって、坂本くんは身近だけど、大きな存在なんだろうなぁと思ったりした。

そんな坂本くんから、今回のロケで「大野の魅力をスゴく感じた」と言われた大野君。

少し照れてたけど、とても嬉しそう。

「飾らない優しさ

飾らない楽しさ

自然とね、なんかほんわかした空気を作って…
だからやる気がみなぎってないじゃん」て。

これには大野君も「はい!」って言いながら、ははははッ〜って。

そして坂本くんは続ける

「その空気がスゴく現場をリラックスさせていると思うの」と。

一緒に大変な作業をしながらも、冷静に大野君や現場の雰囲気を感じ取り、こんな風に素敵な話をしてくれた坂本くん。
素敵な先輩、そしてその人柄を感じた。

今回のこの企画、私的にはスゴく楽しめた♪
でも実際は、この3倍も話していたのにバッサリカットだったというから、残念でならない007.gif
未公開映像の公開、期待したいものです(笑)

ところで、雨のせいか汗のせいか、殆どメイクが取れてしまっている大野君のお顔が、妙に色っぽくて、意味もなくドキドキ053.gifしたのは、私だけかしら?

012.gif (*ノ∀︎`*)ゞエヘヘ


[PR]
by 3104-nao | 2015-08-16 23:30 | 嵐にしやがれ! | Trackback | Comments(2)

こんな所に若冲の羅漢石!?& 国立競技場

今日は、お久しぶりと初めましての智友さんにお会いして、お正月のしゃがれ!『嵐旅館』のロケ地、椿山荘でランチ。
ゆ〜っくりお喋りして、楽しい時間を過ごしてきました(≧∇≦)

と言っても、ランチはあの“錦水”ではなくラウンジで…
でも、たっぷりお喋りした後に、散策しながら“錦水”やら広い敷地内を散策♪

e0355822_21480002.jpg

こんな涼しげな風鈴と緑のトンネル。
風に揺れる風鈴の音と蝉の声

何とも風情があり、暫し暑さも忘れてこの景色に和まされる。
心地いい風を感じながらこのトンネルを抜けると、何処かで見覚えのある風景が目に飛び込んできた。

以前、TVで見たことがあるコレ……
もしや!?と思って近づくと、やっぱり!!
e0355822_20465828.jpg

なんと伊藤若冲の下絵による五百羅漢の内の約20体を、大正時代に京都の石峰寺から移してきたものだという。

こんな所で若冲の作品に出会えるとは053.gif
大野君は、あのリーダー会のロケの時に、この存在に気づいただろうか?

思いも寄らぬ所での若冲の文字に、勝手に大野君を中心にした繋がりを感じ、不思議な感覚になったり、嬉しかったり♪
素敵な出会いがいっぱいの一日。

そんな日の最後に、あの国立競技場に寄ってみた。
e0355822_23032085.jpg

もうかつての姿をを思い出すこともできない感じ。
嵐君達は、どこを駆け回って歌って踊っていたんだろうね〜と懐かしむ。

寂しいけど、私たちの目には嵐君達と過ごしたあの光景が今もしっかり、焼き付いている。

形あるものは、永遠ではないけれど、心に刻まれた思い出はずっとずっと無くなることはない。
彼らはそんな素敵なモノを、私たち一人一人に届けてくれているんですね。

改めて ありがとう053.gif


[PR]
by 3104-nao | 2015-08-15 23:06 | アラシゴト | Trackback | Comments(0)

『美術手帖9月号』おあずけの巻(>_<)

今朝はとっても涼しくてよく眠れ、危なくまた、サトラジを聞きそびれるところだったけど、セーフ!

世の中は、お盆休み真っ只。
でも我が家は全く関係なし…
特に今年は、下の娘も受験生なので 殆ど毎日講習などで家にいないし、大学生の娘も学祭委員の仕事やら遊びやらと忙しくしているし。
そして主人もお仕事だし。

恒例の家族旅行も、受験生がいるので今年は無いし。

暇なのは私だけ……(笑)

まぁ自分の時間がいつもと変わらずあるのは、ありがたいんですけどね ( ̄∀︎ ̄*)イヒッ

そんな私に、昨日、一本の電話が…

「先日ご注文頂いた本が入荷致しましたので、ご来店をお待ちしております」と。

「あっ、はい。ありがとうございます。伺います」と、電話を切ったものの、“はて?なんの本だろうか?”

注文していたのは、17日発売の美術手帖のはずだけど……えっ!?今日っていったい何日だっけ??
いよいよ、日にまで分からなくなってきちゃったかしら…私(ll゚д゚)

と、思いつつも入荷したというんだから、願っても無い早売り053.gifと、いそいそ 向かおうとした時、また本屋さんから電話が。

何でも入荷はしたようなのだが、17日発売なので、まだ渡すことはできないと。
間違えてお知らせしてしまったので、17日以降に取りにいらしてくださいって。

あぁ〜〜残念007.gif
でも、やっぱりねぇ。
昨日は13日だものね。
私もまだ、そこまでボケてはいなかった C=(^◇︎^ ; ホッ!
いくらなんでも、早売りにしても早すぎるものね(笑)

しかし、そこにあるのに見られないというもどかしさ……
見たい思いが、益々募る(笑)

早く17日にな〜れッ!!


と、こんな暇なお盆を過ごす私。
今日はせっせとトマトソース作り。

いつもこの時期、採れたて野菜を販売している所で、熟れすぎたトマトを頂くのだが、今日もたくさん頂き、新鮮なうちにトマトソースに。

e0355822_17081822.jpg


e0355822_18240631.jpg

沢山のトマトも、煮てしまうとほんの少しになっちゃうんのがなんとも寂しい002.gif

でも素材が新鮮だから、トマトの甘さと酸味が絶妙で美味しいんです。

娘たちも大好きなこのトマトソース053.gif
パスタランチが楽しみ〜♪

真っ赤に熟れたトマト。
暑いあついと言いながらも、自然の恵み。
旬の味は最高ですね(*^^*)


[PR]
by 3104-nao | 2015-08-14 22:34 | 私ゴト | Trackback | Comments(6)