<   2016年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大野君主演映画「忍びの国」来年夏公開!!

今朝、半分眠った頭で、ボーッと“ZIP!”を観ていてビックリ ナントッ!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

大野君が忍者役で、映画に主演ですって!
e0355822_07033404.jpg


もう既に、忍者を意識したような黒の襟つきのシャツで、インタビューに答える大野君。
カッコいい〜012.gif053.gif
一気に目が覚めましたわ♡

「のぼうの城」の著者でもある和田竜氏原作の戦国時代を舞台にした、織田信長と伊賀忍者の戦いを描いた歴史小説「忍びの国」の映画化だそう。

「ZIP!」のインタビューでは……
「えっ、俺!?と思いましたね。アクロバット系とかそういう要素も多分入ってくると思うので、やれるところまでやってみたいですけどね」と語っていた大野君。

殺陣とかアクションとかがたくさん観られるのね〜
嬉しい ☆︎*:.。. o(≧︎▽︎≦︎)o .。.:*☆︎

映画なら皆が何回だって観られるしね(笑)

2017年の夏公開で、早くも7月から撮影に入るとか!?

昨日のブログで、次もよろしく!なんて欲張りなことを書いたけど、一夜にして願いが叶った感じ ヤタ─︎─︎─︎ヽ(〃∀︎〃)ノ─︎─︎─︎♪︎

原作本も買わなきゃね。
あっ!でも忍者姿の大野君のビジュアル帯が付くまで待たなきゃっ!

その前に今日はスポーツ紙だわね。

何だかソワソワ、ドキドキ053.gif

とにかく嬉しい!
楽しみィ\(^o^)/

[PR]
by 3104-nao | 2016-05-31 07:05 | 映画「忍びの国」 | Trackback | Comments(2)

改めて「+act 」5月号を読む☆櫨山P×演出・中嶋 悟対談

昨日までの様な格好をしていると、薄っすら寒い。
厚い雲に覆われた東京です。
気候が定まらず、体調管理には気をつけなきゃいけませんね。

大野君もドラマの撮影もラストスパート。
身体に気をつけて、頑張ってくださいね〜(って、ここで呟いてもね (*ノ∀︎`*)ゞエヘヘ)

長いようで短い一週間。
明後日には「セカムズ」も8話。
前回のあの衝撃的なラストから、続きが気になり、8話を早く観たい、けど観たくない……
だって、また1話終わりに近づいてしまうってことですからね〜
複雑です(笑)

そんな寂しさを紛らわすべく、「+act」を再読。
特に“大野智という人の魅力、役者としての成長と面白さ”について語っている櫨山P×中嶋悟さんの対談が興味深い。

あまりにも、大野君の演技が、このお二人が話している通りだから。
これだけ制作側の狙い通りに演ってくれると、スタッフも嬉しいだろうなぁ〜なんて思ったりもする。

鮫島零治を“ちょっとネジがはずれている、愛すべき人”と中嶋監督。
だからそのセリフに、どこまでのリアリティーとファンタジー性を乗っけてくれるか?というさじ加減が、大変難しいのだと。

あの大野君扮する鮫島零治を浮かべると、このすべての言葉に頷ける。

そう!あのドラマは、リアリティーとファンタジーの世界が絶妙なんですよね。
ありそうで、なさそうで、なさそうでありそうで……

だからキュンとしたり、ドキドキしたり……
バカだなぁって、笑っちゃったり……
ホロッとしたり……

監督が狙ったそのものの世界が鮫島零治によって、繰り広げられてるのが「セカムズ」

でも全ての演技を大野君は、「こう言おうと思って言っていないし、やってない」という櫨山P。
そしてそれは、「 役に入っていて、自分の芝居を引いて見ていないから。つまり“生もの”だからなのだろう」と監督。

コレも、鮫島零治な大野君を観ていると、凄く納得!

オーバーな演技も、そう見えない。
全てが自然体。
あり得ないだろう言葉や行動も、知らずに受け入れられてしまう。

共演者の小池栄子さんも、大野君だから成立するドラマだとインタビューで話されているけど、ホントこれは“大野君だから”、大野君にしか出来ない役と言っても過言じゃない気がする。

この対談でも最後に、「“バカだなぁ、こいつ”っていう風に笑ってもらわなきゃいけないし、その辺がエンターテイメントになればいいなと思う。笑ってくれたり、『そうだな』って思ったり…っていうドラマですね。そういう人がヒーローのお話です」って話を締めてる中嶋監督。

いやぁ〜〜参りました。
監督のこの言葉。
その狙い通りにドラマを楽しんでいる私ですから。

こんなに制作陣の意図するところを的確に、しかもやり過ぎず、あくまでも自然にやってしまう大野君って、やっぱり改めて凄い!

ぜひぜひ、もっともっと、大野智を魅せて欲しい〜〜〜♡
大野君が“イヤ!”と言っても、そこをなんとか!
どこぞの誰か、次も宜しくお願いします!!

こんな大野君を観てしまうと、どんどん欲が出てきてしまうんだなぁ〜
ごめんよ!大野君(笑)


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-30 14:39 | 雑誌 | Trackback | Comments(4)

娘の卒業アルバム

e0355822_20525462.jpg

5月ももうすぐ終わり。
ぼちぼち梅雨入りの話も聞こえてくる今日この頃。
我が家の庭も薔薇が終わり、紫陽花が色づき始めました。

そう言えば、先日観た若冲さんの動植綵絵にも、紫陽花が描かれていましたっけ(紫陽花双鶏図)……
時代を越え、同じ日本に生きているという歴史の繋がりみたいなものを感じます。

昨日、下の娘の高校の卒業アルバムが届きました。
中高6年間の懐かしい写真と共に、3月の卒業式の写真もあり、娘と暫く思い出話に花が咲きました。

制服に身を包んだ娘たちの楽しそうな笑顔……
随分 遠い昔のことのように思うけれど、つい2ヶ月ほど前のこと。

劇的に環境が変わったのだなぁと、しみじみ。
娘も、決して過去を忘れてしまったわけではないけれど、“今”を生きるのに必死。
前を見て歩くというのは、こういうことなのですね。
きっとお友達もそうでしょう。

それぞれの人生がスタートしたという感じ。
アルバムに並ぶ、笑顔の娘たち。
これからはきっと、各々の色んな人生が待っていることでしょう。

どうか彼女たちが皆、この頃の笑顔を持ち続けられますように!
幸せな人生を歩むことができますように!
そんなことを祈りながらアルバムを閉じたのでした。

そして私も、もう行くことはないだろう学園の全景写真を見ながら、学園に“さようなら”
上の娘から足掛け18年お世話になった学園を、改めて卒業したような寂しさを感じたりして……

子供の成長は嬉しいけれど、こんな時期を待ちに待っていたはずだけど……
つい、後ろを振り返りたくなってしまいます。
親って勝手ですね(笑)


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-28 21:36 | 私ゴト | Trackback | Comments(0)

モルディブの話題で大野君を思い出す

今日は朝から雨模様で、少し気温も下がったものの、ここ数日は、5月だというのに、真夏のような暑さ。

こんな風に暑くなってくると、爽やかな味覚が恋しくなってきますね。
そんな中、昨日は一ヶ月に一度のお菓子教室で、オレンジパイを教えていただきましたヽ(*^∇^*)ノ 
e0355822_12471712.jpg

甘く煮たオレンジをフィリングに混ぜ込み、パイ生地に流しい入れ、170°Cのオーブンで40分焼き上げて完成。
パイのサクっとした食感と、口いっぱいに広がる爽やかなオレンジの風味がたまりません♡
冷たい紅茶との相性もバッチリ!

作るのは汗だくですが、夏に作りたいお菓子です♪

“夏”とは少し気の早い話でしたが、今朝のデジタル朝日にも、夏の旅行シーズンを見越してのことか、モルディブに新しくできたリゾートホテルの話題が……
こちら♪(デジタル朝日を読むには登録が必要です)

これを読んで思い出したのが2014/1/9の大野君ラジオ。

モルディブに行ってみたいと熱く語り、実際にモルディブの水上コテージに泊まったことがある人に話を聞きたいからと、リスナーからのメールを募集。
そしたら、200通を越えるメールが来たと、また2014/2/14のラジオでその一部を紹介。
他のものも全部プリントアウトされているらしく、紙をペラペラとする音を聴かせてくれながら、家に持って帰って読みま〜す♪と嬉しそうに言っていた大野君。(大野君らしくて、とっても好き)

あれからモルディブに行ったという話は聞いていませんが、どうなのかな?

今週のザ・テレビジョン「五つ星 Talk 10」のインタビューでは、ご両親を旅行に連れて行ってあげたいなんていう話もしていた大野君。
こんな素敵な所で、父ちゃんや母ちゃんとゆっくりできたらいいのにね〜

な〜んて、またまたおばちゃんのお節介心が顔を出した私。
オレンジパイを食べながら、久しぶりに当時の大野君ラジオ“モルディブ篇”を楽しみながら、あれやこれやと想像の世界に逃避行\(^o^)/



[PR]
by 3104-nao | 2016-05-27 15:31 | ブログ | Trackback | Comments(2)

『セカムズ』第7話☆“ドジのドジのドジ!”だけど…

バカバカしい程のレイさんの“ドジのドジのドジ!”っぷりに笑ったり、じ〜んとさせられたりと忙しかった7話。

そして今も、レイさんどうしてるかなぁ?なんて気になって仕方ない。
って、架空の人物なのにね(笑)

大野君が広島のMCで、ベッドシーンを撮ってるというから、どんな風になるのかとちょっと期待もしていたけど、やっぱりね……(*≧m≦*)プププw

しかし、ベッド作っちゃうとは!?笑った。
それを大の大人が2人で真剣にやっているという何とも非現実的で、馬鹿らしいシーンなのに、何故だか応援したくなる不思議。

とにかく、この一連の石神と社長のやり取りがとっても好き。

そしてこんな風に、みささんとのキスを望みながらも、「本当に好きな人とはキスなんてしなくていい。隣で寝ててくれるだけで幸せ♡」と言ったレイさんの言葉と、その彼女を眺める表情が心に響く。

ドタバタだけど、人間の内面(心情)がとても丁寧に、そして的確な言葉や表現(表情)で描き出されているドラマだなぁ〜とつくづく思った回だった。

その一つが、最後 村冲が和田にそんなに鮫島が好きか?と聞かれ、「好きです。大好きです」と言った一言と村冲の表情……

社長への、零治への想いや愛情が溢れていて、思わずうるうる(;_;)

次回予告では、「お前となら、すぐにできそう」なんていう零治の意味深な一言も流れていたけど、村冲と零治、どんな展開になるのか?

誰かを好きになること、また誰かを愛する気持ちって、自分のことなのに 案外分からなかったりするもの。

零治の“世界一難しい恋”っていったい?
着地点が益々楽しみになってきた感じ(*^^*)


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-26 16:16 | 世界一難しい恋 | Trackback | Comments(3)

大野君が褒められてる記事に弱い☆「月刊TVnavi7月号」と「月刊TVガイド7月号」

まだ5月だというのに、東京も今日もまた29°Cを越す暑さ。
全国的に暑い日が続いてるようですね。

さてさて、今朝 「セカムズ」の公式Twitterでこんな呟きがありましたね
e0355822_17562840.jpgこれを読んでちょっとガックリ||||||(_ _。)||||||
昨日、ちょこっとロケに遭遇しないかなぁなんて、淡い期待も抱きつつ横浜を歩いていた私。
なんと、入れ違い……ナイトロケとは。
なかなか偶然なんてないものですね〜(笑)

まぁそんなことはどうでもいいのですが(よくはないけど……笑 )、もう8話まで撮り終わったとは!?
早いですね〜
寂しいですね〜
鮫島社長に会えなくなるなんて。

ということは、雑誌祭りもそろそろ終盤ということですよね。

今日も幾つかの月刊TV誌が発売になりましたが、その中でも「TVfan」が大野君が表紙を飾っているというので、本屋さんを覗きに行ってみました。

う〜ん……確かに、花束を抱えた横向きの素敵な大野君がいたんだけど。
そして中のグラビアもいいんだけど。
だってね〜、そりゃあ大野君だからね ( ̄∀︎ ̄*)イヒッ
でもまぁテキストはあまり目新しいことはなく、どうしましょう?

というわけで、他のTV誌もパラパラ……
そしたら「月刊TVnavi」がいいんです!
明日放送の7話の撮影現場への独占潜入レポで、レイさんとみささんが、二人並んでお料理したり、お食事したりしているお写真がいっぱい。

何だかそれを眺めているだけで、なぜか私が幸せ気分♪
そして気がつけば、口元が緩んでニヤけてるo(゚д゚o≡o゚д゚)o

レポを読むと、零治が刺身用の魚の骨抜きをし、その手さばきに美咲が驚くというシーンの撮影で、実際にすいっと包丁を動かす大野君の料理男子ぶりに、波瑠さんが本当に目を丸くして「上手ですね」と言ったとか。
すると大野君が照れた表情を浮かべたらしく、それがまたなんとも零治&美咲っぽいって…

もう想像しただけで、ニヤけが止まらない ヾ(=д= ;)ォィォィ

もう零治&美咲だか、大野君&波瑠さんだか、大野君&私だか(←どさくさで酷いこと言ってます (^^;;)
とにかく頭の中はごっちゃごちゃ。
だけど楽し過ぎ(笑)

撮影の合間は、大野君がテーブルに並べられた料理のことで波瑠さんに話しかけたり、波瑠さんが質問したりと、本当に和やかだったそう。

そしてその後の食事のシーンもお互いに見つめあったり、笑いあったりと恋人同士の楽しさを醸し出していたという。

考えただけでニヤニヤしちゃうヾ(*´∀︎`*)ノキャッキャ♪︎

でこのライターさん曰く、“大野君のはにかむ演技が秀逸”だと。

“(7話でも大野君は)零治の恋心と不器用さを自然に表現し、特に美咲を見てはにかむ演技が秀逸で、気負いも見せずにやってのける、そんな軽みある芝居こそ演技力が求められるものなのだ。”と結んでいます。

たった2ページだけど、こういうテキストに、とにかく弱い (^_^;)
結局、「月刊TVnavi」をお買い上げ。
大野君表紙の「月刊TVfan」は泣く泣く置いてくることに。
ごめんなさ〜いm(_ _)m

それともう一冊、私が気になったのが「月刊TVガイド」
こちらには、秘書役の小池栄子さんのインタビュー記事があり、“このドラマは大野君じゃなきゃ成立していなかったと思う。いい男過ぎず、コメディーに寄りすぎず、絶妙なバランスがいい”と。

これには、共感至極!
やっぱりね〜♡です(笑)

まぁ「月刊ガイド」は買うには至りませんでしたが、こんな風に大野君を褒めてくれている記事に、つくづく弱い私。

でもホント、脚本家の金子さんが大野君でやりたい!と言って書いたドラマだけに、この鮫島零治は大野智じゃなきゃダメですよね。
大野君だからこそ、こんなに魅力的な鮫島零治になったんだと、私も思ってます!

まずは明日♪
またレイさんに、ニヤニヤ、ワクワク、ドキドキさせて頂きましょう♡


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-24 20:24 | 雑誌 | Trackback | Comments(4)

今日も気持ちは「セカムズ」☆ロケ地&『SODA』

今日は東京も30°Cを超える真夏日に058.gif
暑い一日でした。

そんな中、横浜に住む いとこ母娘とニューオータニイン横浜でランチ♪
もう横浜と聞いただけで、テンション上がるワタクシ(笑)
暑さなんてなんのその!
ルンルン気分で出かけて行きました〜
e0355822_23560357.jpg

こんな景色を眺めながらのランチ♪
ここには写っていませんが、この画面左手には、鮫島社長の会社ランドマークタワーも、でーんとそびえておりました♡

女3人、弾丸トーク。
食べて笑ってあっという間の数時間。
至福の時を過ごした後は、私だけちょっと寄り道ヽ(*^∇^*)ノ 
e0355822_23560346.jpg

e0355822_23560329.jpg

我らが鮫島社長の会社♪
2話の五助を連れた社長と美咲のシーンを思い出しますね〜ヾ(o´∀︎`o)ノ

しばしここで、一人 鮫島社長に想いを馳せ、もう陽も傾きかけていたので、今日のところは帰路に着くことに……
またゆっくり他のロケ地も訪ねてみたくなりました012.gif

そして帰りには、本屋さんで今日発売の『SODA』をチェック!
全4ページにわたるドラマの現場リポは、第5話の運転手の石神の結婚祝いの撮影の様子で、テキストが良くて、ついお持ち帰り……

“一瞬の揺らぎで魅せる、大野智の体現力”と題されたリポ。

筆者が取材で間近に見た、素早く表情を切り替えながら演じる大野君の瞬発力の凄さがこと細かく語られていて興味深い。

部下たちには、デキるリーダーの顔を保ちつつ、美咲を見るときだけ瞳に恋心を浮かべてみせたり、その好きな彼女と直接関わるシーンでなくても、恋したことで人がどのように変わっていくのかをしっかり演じてみせていたという大野君。

また、筆者が撮影を見ていて感じたのが、大野君が社長という役柄を大切にしながら共演者との距離を保っていることだという。

これって、「魔王」の時にもそんな話がありましたよね。
生田斗真君とは対峙する役だから、話さないようにしてたとか……

そして大野君の表情の変化がとにかく絶妙で、いたるシーンで好きな女性に振り向いてもらえないもどかしさを体現していたという筆者。

そんな零治を愛嬌たっぷりに演じられるのは、大野君の役者としてのポテンシャルと、自身の魅力があってこそだとも。

これには激しく同意!
大野君だから、鮫島零治という人が、これだけ魅力的に描かれるんですよね。
この役は大野君しかできないと言っても過言ではないかも……そんな風に思う私です。

だから、放送回を重ねるごとに、TVの向こうで零治を応援してきた人の多くが、零治に恋してしまっているのでは?という筆者。

これも当たり!!…ですよね (*ノ∀︎`*)ゞエヘヘ

恋に身を焦がしてジタバタしている零治は、現場でもとびきりチャーミングだったそう。

あぁ〜そうでしょう!そうでしょうとも!!
そんな零治を間近で見て、可愛さを直に感じられた筆者が羨ましい〜〜〜

鮫島零治な大野君の魅力を存分に語ってくれている『SODA』一読の価値ありかと (o^-')b グッ!


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-23 23:59 | 嵐 ロケ地めぐり | Trackback | Comments(2)

癒しの時間がいっぱい☆大好きなお店&零さんな大野君

今日も暑くなった東京です。
時折吹く風が、気持ちいい〜♡

先週は、「セカムズ」第6話がずっと頭から抜けなくて、何をしてても思い出しては一人ニヤニヤ012.gif

週の真ん中にぽっ053.gifと、しあわせになれる時間があるって、いいものですよね〜

その上 先週は、後半も自分時間が充実。
ママ友さんと高尾山に出かけたり、吉祥寺を一人でぶらぶらしたり……

その時、久しぶりに大好きなカレルチャペックに行ってビックリ!
お店が中道通りの方にお引越ししていて、素敵にリニューアルされていたんです。
e0355822_15373431.jpg

でも私が知らなかっただけで、リニューアルオープンは、昨年9月だったよう。

e0355822_15373411.jpg

店内にはこんなスペースもあり、美味しそうなスコーンが並んでいました。

そして、やはり閉店してしまったカレルチャペックのカフェで人気だったプリンが、この5月に、ここ吉祥寺本店で復活!
e0355822_15425668.jpg

こんなに可愛い入れ物に入って登場です♪
お味ももちろん美味しいし、これは吉祥寺に行くたびに、通ってしまいそう〜(^_^;)

自分が好きなものが傍にあるって、本当に嬉しく幸せなこと♪
それは物でも、場所でも人でも一緒♡

先週はVSとMステで「Daylight」を、そして昨日のしやがれ!では「I seek」を歌い踊る嵐君たちも観られ、幸せ。゚✶ฺ︎.ヽ(*´∀︎`*)ノ.✶゚ฺ︎。

特に、昨日のしやがれ!の「I seek」を歌い踊る大野君のビジュが最高!
白いタイトな衣装が、似合っててカッコ良い〜
そしてとにかく大人の色気が溢れてる053.gif

ソロの最後、“ゆっくり僕を連れてく”の「れ」の発音に毎回ドキっ!
なんとも甘美な響きにゾクゾクッとなる。

そして昨日は、クイズコーナーでも……
大野君は最近クイズに正解できず、殆ど食べられていないけど、全然悔しそうじゃないという視聴者からのハガキに、「悔しいは悔しい…それが画面で伝わってないだけだ」という一言が、鮫島社長だった大野君。
やはりドラマを演ってる時は、それに憑依すると言われる大野君ならではかも。

そんな零さんな大野君が愛おしい〜012.gif053.gif


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-22 23:34 | ブログ | Trackback | Comments(0)

高尾山でリフレッシュ!

今日は二十四節気の小満に当たり、草木が茂り、万物に正気が充満する頃なのだそう。

大野君も今朝のラジオで茨城の海で、大きなメバルを釣りたいなんて、久しぶりに熱い釣りトークをしていたけど、季節が良くなると、自然を満喫したくなるもの。

ドラマの撮影が終わる頃には、梅雨入りしてしまうかもですが、大野君の楽しみが実現するといいですよね〜♪

そんな大野君には申し訳ないけれど、私は昨日 下の娘のママ友さん達と、以前 嵐君達も訪れた高尾山へ……

昨日はお天気も良く、かと言って暑すぎもせず、絶好の行楽日和♡

“草木が茂り、万物の正気が充満する”という言葉通りのこの景色
e0355822_13242495.jpg
自然の力というものは、良くも悪くも本当に凄い!
人間がどう逆立ちしても叶うものではないですね〜
なんて、自分達の足で登ったようなことを言ってますが、行きはケーブルカーそして帰りは、ちょこっとだけ、山の中を下りてリフト乗り場へ
e0355822_13242403.jpg
このリフトが、結構スリル満点なのですが、直に風も感じられ、とっても気持ちいい〜

新緑に輝く美しい景色にパワーを貰った後は、美味しいお蕎麦や甘味をお供に、楽しいお喋りでまたまた充電!
e0355822_21413166.jpg


美味しい空気をたくさん吸って、たくさん笑った昨日 一日。
心も身体もリフレッシュ♡

嵐ゴトから離れての世界もまたいいもの……
とか言ってるけど、私の大野君好きは皆の知るところ。
しっかり大野君への熱い想いも語ってきちゃいました (笑)

やっぱり、どこにいても何をしてても、私の頭の中は“大野君♡”です ァハハ・・(^д^;)


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-20 21:41 | 私ゴト | Trackback | Comments(2)

『セカムズ』第6話☆レイさんと一緒にニヤニヤが止まらない

『セカムズ』第6話も面白かった〜ヽ(*^∇^*)ノ 

一夜明けた今日も、余韻を引きずり、何をしててもニヤニヤが止まらない。
何故か私も、意味なくしあわせな気持ちで満たされている。

昨日も前半はず〜っと、口元が緩みっぱなし(笑)
そしてラストに涙。

大野君て、なんて上手いんだ!
水族館から戻って、ベッドで想いに耽るところとか……

好きな人と想いが通じ合い、嬉しくてたまらない。
そのドキドキ感、ワクワク感が、自分でもどうしようもなく溢れてきちゃう。
そんな気持ちが、言葉が無くても痛いほど伝わってくる。

で、寄席の待ち合わせ時間のメール。
送信こそしなかったけど、即「はーい\(^o^)/」と打ったレイさんが、もう可愛すぎる♡

ザ・テレビジョンの“五つ星Talk9”で「零治を“かわいい”って言ってくれる人が多いって聞いたけど、俺はどこがかわいいのか分からない(笑)。変で面白いヤツだとは思うけどね。」と話していた大野君。

大野君が演じるからこそ、こんな風に“零治”のかわいさが出るというもので、誰が演ってもこうなるわけではないだろう。

またまた鮫島零治は、すっかり大野君のものとなり、どんどん成長してきている感じ。

また来週は、どんなレイさんに会えるのか!?
楽しみで仕方ない(*^^*)


[PR]
by 3104-nao | 2016-05-19 21:17 | 世界一難しい恋 | Trackback | Comments(2)