<   2017年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

『Are You Happy?』フラゲ/横浜イングリッシュガーデン

今日は、真夏並みの暑さだった東京☀️
とは言え、日陰に入ると風が心地良く、まだ真夏のそれとは違い少しホッとします。

そんな中、お友達と“横浜イングリッシュガーデン”へ
e0355822_23272275.jpg

e0355822_23272322.jpg
もう最盛期は過ぎていましたが、まだまだ遅咲きのバラが咲き誇り、楽しませてくれていました。
e0355822_23341037.jpg

e0355822_23272390.jpg

e0355822_23272300.jpg


そして紫陽花も咲き始めていて、アジサイとバラの共演も!
e0355822_23272331.jpg

緑の木々や綺麗なバラに囲まれ、リフレッシュ♡

ここ“横浜イングリッシュガーデン”は、バラだけではなく、四季を通して、その季節の花々が楽しめるようになっているそう。
時期を変えて、また訪れてみたい所。
6月はアジサイが見頃を迎えるようです。

自然の美しさとお友達との楽しいお喋りの時間に癒され、元気を貰った後は、“あゆハピ”をフラゲ♪

通常盤と初回限定盤のどちらを買おうか迷ったけれど、いつも利用している通販サイトの貯まったポイントで半額近くで通常盤が買えることに気づき、結局 両方購入。

そうなると、どちらから観るか…
迷いますよね〜
皆さんはどちらから観たのかしら?

我が家は、やっぱり 通常盤から。
“あゆハピ”のDocumentary Filmは、外せません。
そして本編へ…
素敵な大野君がいっぱい💕💕
それらの感想は、発売日の明日以降に……

今日は、心にたくさんの栄養補給ができた幸せな一日でした〜 ४*ପ꒰⑅︎•ᴗ•。꒱໊੭♡︎♩︎





[PR]
by 3104-nao | 2017-05-30 23:27 | ブログ | Trackback | Comments(0)

『忍びの国』が第20回上海国際映画祭へ出品決定!

凄い✨✨
すごい!凄い!!

上海国際映画祭のコンペティション【<ジャッキー・チェーン、アクション映画週間>】に、邦画で唯一の出品ですって。

ジャッキー・チェーンの名の付く名誉ある部門に、日本を代表する忍びアクションムービーとして、世界にお披露目される機会となる。

そして同映画祭の選出担当者は「忍者を題材にした非常に独特な日本映画で、アクションシーンは驚きに満ちた仕上がりでした。予想もつかない撮影アングルと編集により、魅力的なシーンの数々が仕上がっていました。ジャッキー・チェン・アクション映画週間のコンペティションで上映するのに非常に適した作品です」とコメントしている。
(“映画情報どっとこむ ”より)

何だか ドキドキ(๑ŐωŐ๑)/♡︎.゛

授賞式は日本時間の6月22日に行われる予定だそう。

大野君も現地に行くのかしら?
上海と言えば、二年前に個展が開かれた場所。
またまたあの地で、今度は俳優としての“大野智”の名を知らしめることになるんですね✨

嬉しいです〜☆︎*:.。. o(≧︎▽︎≦︎)o .。.:*☆︎

また、アメリカ、ニューヨークのジャパン・ソサエティが主催する北米最大の日本映画祭、『第11回 JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ!〜』での上映も決定しているそう。

これらのことが全て、どうか大野君にとって、良きできごととなり、素敵な思い出となりますように!


[PR]
by 3104-nao | 2017-05-29 22:07 | 映画「忍びの国」 | Trackback | Comments(0)

『みんなのえいが』5/28深夜放送☆大野智独占取材SP

今日は爽やかに晴れわたった気持ちのいい一日♪( ´▽`)

こういう日は、何かとやる事があり、なかなか『みんなのえいが』の録画をじっくり観られず、午後からやっとこさ落ち着いて再生できました〜♪

今回の『みんなのえいが』の『忍びの国』話題は、予告通りというか、それを遥かに越えるSPばん✨✨✨

番組最初のタイトルコールから大野君登場で、そのビジュのカッコ良さに撃沈💘
何ともスッキリ!とした男前加減♡に、文字通りの目がハート😍状態なおばちゃんファン ァハハ・・(^д^;)

そして大野君の独占インタビューの中身も、番組の約半分の時間を使っての見応え満点の充実ぶり✨

大野君のインタビューと共に、映画の初出しシーンやら、初メイキング映像なども続々。

時々、インタビューを受ける大野君と、映画のシーン画像が半分ずつの2画面で映し出される箇所もあり、あまりの別人さ加減に“さすが!”と唸らずにはいられない。

だってだって、こんな情けない表情だったり、怠けた態度だったり……
e0355822_16133165.jpg

e0355822_16133183.jpg
あぁ〜無門に早く会いたい💕 (笑)

初号試写を観たというインタビューをしたアナウンサーの方が、初めは お金にしか興味がない“人でなし”の無門が、物語が進む中 だんだん変わって行くところで、その大野君の表情の変化が凄く魅力的だったと話されていたのが印象強く、そんな無門な大野君に会える日が、待ち遠しくて仕方ない。

そのような無門の表情などについては、監督と話し合いながら演ったと大野君は話していたが、中村監督のこれまでの雑誌インタビューでは、殆ど注文は出していないというから、状況説明くらいで、上手くそれを表現できてしまうくらい、役になりきっていたことが窺える話です。

そしてこの映画で外せないのが、下山平兵衛との一騎打ちのシーン。

このアクションシーンは、ジークンドーやフィリピンの伝統武術であるカリがベースになっていて、本当に相手を倒しにいく動きが入っているとのこと。

だから大野君曰く、どっちかが一個でも“手”を間違えたら、くらっちゃうと。
そして鈴木亮平君も大野君もそれぞれ一度ずつ、相手を殴ってしまったとか。

その時、殴り殴られで、お互い様だ!と思っちゃったり、変な感情が生まれたと言う大野君。

そんな感情が生まれたのも、きっとすっかり“無門”になっていたからなんでしょうね。

そのアクションシーンの撮影を思い返しながら、大野君は、殴られた方がいいと。
何故なら、殴られた方は痛くても、その痛みはすぐに消えると。
だけど殴ってしまった時は、痛がっている相手を見てるのが辛く、耐えられないのだと。

スっごく大野君らしいですよね〜
そしてすっかり、無門じゃなくなってますね (*´∇︎`*)うふ♪︎.*:・'゚.

こんな危険を伴う、至近距離の生身のアクションシーンが実現したのも、抜群の身体能力を誇る大野君と、鍛え抜かれた肉体を持つ鈴木亮平君との2人だからこそだという。

とにかくここは、この映画の見どころですね💕

無門×下山平兵衛のシーンは、(台本では5行くらいの所を)撮影に三日間が費やされたそうだが、その撮影後、大野君は鈴木亮平君と会えてないので、当時 どんな風に思っていたのかなど、話がしてみたいと。

またこのコーナーでは、『忍びの国』の主題歌である嵐君たちの新曲『つなぐ』の紹介も。
これを聞いた男性アナが、「時代劇のイメージが変わる」と。
「疾走感があって、カッコいい」って。

すると、その“疾走感”は、過ぎ去って行く時代の流れを表しているのだという説明が…

なるほどね〜
確かにこの曲に映像をのせると、スピーディーな感じはしますよね。
映画館で、エンディングロールと共に映画の余韻に浸りながら、大音量でこの曲を聴くのが、楽しみです♪

そしてインタビューは、“忍び”に因んで、大野君が忍び込みたい場所は?という質問へ。
それを受けて大野君「すげぇ質問だなぁ〜」と困り顔。

咄嗟に何処が浮かんだんでしょうね ( ̄∀︎ ̄*)イヒッ

でもそこは、無難に「メンバーの家とかかな?」と。 (笑)

その中でも一番行ってみたいのが松潤のお部屋だそうで、「カッコつけてそうじゃん!部屋ん中とか…」
「ロウソクとか点けてそうじゃん ………見てみたいですね」って。

“ロウソク”って……
こういう所、シンパシーを感じます( ̄ー ̄)ニヤリッ 
日本語で分かりやすくていいですよ〜

あらあら、ちょっと話が横道に逸れちゃいましたが、ここに記したのは、インタビューの中でも私が印象深かった一部だけで、とにかく盛りだくさんな内容だった『みんなのえいが』

次回は、『忍びの国』公開直前SPと題して、お国役の石原さとみちゃんについても色々語ってくれたという大野君のインタビューの続きを放送してくれるとのこと。

楽しみです💕

でもしかし、こんな素敵な番組が深夜の放送で、しかも限られた地域だけでしか視聴できないなんて、本当にもったいない!!!

これから本格化するであろう映画の宣伝番組に期待ですね。




[PR]
by 3104-nao | 2017-05-29 17:23 | 映画「忍びの国」 | Trackback | Comments(0)

『みんなのえいが』で大野君単独インタビュー/TV番組の影響力

『みんなのえいが』の公式HPや公式Twitterでもお知らせがある通り、今日5/28の深夜放送の『みんなのえいが』は、『忍びの国』の大・大・大特集だそうで、中でもその目玉となるのが、大野君の単独インタビューとのこと。
e0355822_16172245.png
『みんなのえいが』公式Twitter

映画のことは勿論、『忍びの国』の主題歌『つなぐ』についても、話してくれているとか!?
本当に 楽しみですね〜♪

そして、『みんなのえいが』では、今後も『忍びの国』の紹介をどんどんしてくださるとのこと、深夜番組ではあるけれど、どうか多くの方の目にとまりますように!

そしてできれば、全国で放送されるようになるといいですよね。
TVの影響力ってやっぱり大きいものですから。

TVの影響力と言えば、昨日の『嵐にしやがれ!』も、又吉さんが番組の中で紹介していた『生者と死者』について、“面白そう”とか、“読んでみたい”などのツイートがたくさん。
嵐ファン以外の方にも、こんな風に影響があるのだと、嬉しくなります。

でも今回はその逆も…

作家の村山由佳さんがTwitter“ふとつけた番組で又吉さんが本の紹介をしているのを見て、彼をきっかけに、若い世代が小説の愉しみに目覚めてくれたらいいと思った”と呟かれていたと同時に、イケメンの編集者と女流作家さんのくだりのことを、とても不愉快だったとも話されていて心が痛みました。

この話題の最後に、ニノ君が「今の話から僕らはいったい何を学べばいいんですかね?」とコメントしてくださったのがせめてもの救いだったと。
そして、“笑えることとそうでないことをちゃんと考えた上で番組を作って欲しい”と締めくくられていた村山さん。

嵐君たちの名前がついた番組。
番組制作をする方たちには、丁寧で、愛ある番組作りをお願いしたいものです。

TVの持つ影響力が、嵐君たちやゲストにとって、決してマイナスなものにならないように……



[PR]
by 3104-nao | 2017-05-28 20:51 | ブログ | Trackback | Comments(0)

三日にあげず (^^;) /『嵐にしやがれ!』5/27 ☆ 私にも……(笑)

e0355822_22161973.jpg
最近 上の娘と私、甘いものが食べたくて仕方ない。

水曜日にお菓子教室で、スプリングフラワーケーキを作って来て、食べたばかりなのに、また今日はスフレチーズケーキを焼いてしまいました ァハハ・・(^д^;)

きっとこれも明日中には、無くなっちゃうだろうなぁ〜〜

体重計に乗るのが恐ろしい〜
けど、甘いものを一口食べた時の幸福感💕
やめられないんですよね。

それはそうと、今日の『嵐にしやがれ!』の大野君も男前でしたね ♡︎╰︎(o'╰︎╯︎`o)╯︎♡︎

又吉先生が、本の選び方の説明を始めた時、ニノが大野君の横顔をチラッと見て笑った後の大野君の表情が、堪らなく良い😍
もう とろけそう ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:
(因みに フルーツバスケットのくだりの前のところです)

あゝ………あんな笑顔を向けられたい βακα..._〆(゚▽゚︎*)

な〜んて年がいもなく、本気で思ってしまった痛いおばちゃんファンが一人。

今日はこの大野君の笑い顔が観られただけで大満足 💕💕




[PR]
by 3104-nao | 2017-05-27 22:16 | ブログ | Trackback | Comments(0)

VS嵐 5/25☆踊る大野君♡と大野君の優しい笑い顔

昨日、今日とあいにくのお天気が続いている東京☔️
昨日のVS嵐のオープニングトークじゃないですが、傘が手放せません。

しかし、ちっちゃなポーチに折り畳み傘を入れて持ち歩いていたという大野君。
何だか大野君らしいなぁ〜って思ってしまいました。

必ずお財布に、もしもの時の一万円札を折りたたんで入れているとか、免許を持たなければ、事故ることはないからと、車の免許を取らないとか。
ホント用心深い大野君。
そんな大野君、私は大好きですが 💕 (//∀︎//)

さてさてそのVS嵐、昨日は大野君ファンにとっては、とっても嬉しい回でしたね〜

加藤諒君に、感謝です。
アリガト━︎━︎━︎ヾ(*´∀︎`*)ノ━︎━︎━︎━︎♪︎

口ずさみながら、『A・RA・SHI』を踊る大野君😍
キラキラ衣装じゃなく、あの普段ぽい洋服で、軽〜く踊る感じもまた、いとをかし💕

そして、大野君の穏やかな優しい笑い顔がいっぱい観られた昨日のVS嵐。
私も 幸せでした〜〜 ४*ପ꒰⑅︎•ᴗ•。꒱໊੭♡︎♩︎

幸せと言えば、もう一つ。
先日、お菓子教室で教えて頂いたこちらのケーキ
e0355822_15233901.jpg
🌼スプリングフラワーケーキ🌼

見た目にも可愛くて綺麗な、ジェノワーズとババロア、ジュレで組み立てる凝った贅沢なケーキ。

今日みたいなちょっと憂鬱なお天気の日も、こんな可愛らしいケーキがあったら、明るい気分になれますねね。
勿論 お味もGOOD!

食用花は、なかなか手に入りにくいけれど、季節のフルーツを飾っても綺麗ですよね。
頑張って、復習してみま〜す ァハハ・・(^д^;)




[PR]
by 3104-nao | 2017-05-26 15:23 | VS嵐 | Trackback | Comments(0)

『アカデミーナイトG』/ 月刊『TVnavi』 7月号☆大野君に絶大な信頼をおく中村監督

今日は暑さも和らぎ、割と過ごしやすい一日。
こんな陽気が続いてくれるといいですね。

さて、昨日の深夜放送があった『アカデミーナイトG』では、また『忍びの国』を取り上げてくれていて、今週はその原作者である和田竜がVTR出演。

執筆の裏側の㊙︎公開ということで、貴重なお話を聞かせてくださいました。

和田竜さんは、執筆する際のこだわりが四つあるそう。
まずは①史料を片っ端から読み、②その史料にある事実と事実の間を想像でつなぎ、③現地にも赴き体感し、④その後大きな詳しい地図を作るとのこと。

なのでこの『忍びの国』を書くにあたっても、史料集めに半年もかけたとか。
e0355822_18191924.jpg
これがその史料の一部分。
凄いですよね〜 おぉ(゚ロ゚屮)屮

これだけの拘りをもって生み出された大作『忍びの国』
映画の脚本も、そんな和田竜さんご本人が手がけているのだから、面白くないはずがないですよね。

そして撮影も、多くのエキストラを動員し、大掛かりなものとなったこの作品。

和田竜さんは、“大きな映画を楽しんでもらいたい”と。

これは、とにかく映画館の大きなスクリーンで観ることが必須!
ぜひぜひ、多くの人に劇場に足を運んで貰いたいものですね。

今回、和田竜さんが『アカデミーナイトG』でお話されたようなことが、書かれているのがこの本。
e0355822_18191938.jpg
以前、こちらのブログでも紹介したことがありますが、とっても興味深い内容で、オススメですよ〜😊


それから少し長くなりますが、今日発売の月刊『TVnavi』7月号のことを少し…

こちらは中村義洋監督のインタビューと、この映画の登場人物と無門の人間ドラマにスポットを当てた見どころ解剖という二本立て。
全2ページだけど、なかなか濃い内容。

それに、中村監督のインタビューは、昨日我慢した『SODA』の内容と重なる部分も多かったので、今日は迷いなく買い!!
だってTV誌は、お値段もお手頃だから ( ̄∀︎ ̄*)イヒッ

それにしても、中村監督のインタビューからは、監督の大野君に対する信頼度の高さが伝わってきて、ファンとしては本当に嬉しいものです♪

例えば、無門に変化が生まれる重要なシーンでは、監督やアクション監督が何も伝えなくても、直感的にその場面が物語の鍵になるとわかり、無門の表情が変わっていたとか、台本では「……」でしか表現されていなくても、プロデューサーの不安を他所に、中村監督の信頼(期待)通りの演技をしてくれたとか……

また、中村監督が演技について一切注文をださなくても、“うまくやってくれるだろう”という監督の期待に見事に応えてくれるのが大野君だとか…

これだけ監督に信頼される大野君、本当に凄いですよね〜。

そんな中村監督が、『忍びの国』で、どんな大野君の魅力を引き出してくれているのか!?
映画を観るのが益々楽しみになります。

それともう一つ、この中村監督のインタビューで、印象的だった話が大野君の声のこと。

「伊賀の者どもよ、聞け」と、声を張るシーン。
この声が出る人だったと、『怪物くん』を思い出したそうで、大きくてよく通る、いい声だと。

これを読んで、同じようなことを言っていた監督がいたなぁ?と思い出したのが、『今日の日はさようなら』の菅原監督のこと。

『ASIAN POPS MAGAZINE』第106号のインタビューで、「(大野君は)声がいいですね。さすが歌手だなと。いろいろな声が出る。ナレーションも、うまい。」と話していた菅原監督。

そうなんです!そうなんですよ!!
大野君の声は最高なんです💕

二人の監督が太鼓判を押す大野君の声の良さ。
私も、大野君の歌声もお芝居の声も、ナレーションの声も、大好きなので、これまた本当に嬉しい褒め言葉です😊


『TV navi』……
私のように、『SODA』を諦めた方には、いいかもです (。-∀︎-)ニヒ♪︎



[PR]
by 3104-nao | 2017-05-24 22:28 | 雑誌 | Trackback | Comments(2)

『SODA』7月号☆映画鑑賞前に読みたい一冊

いよいよ、雑誌祭り突入💨
でも今日発売の『忍びの国』関連の雑誌は、『SODA』7月号だけですよね?確か……

これから6月に入ると、大野君表紙のものが続くので、なるべく我慢……と思いながら、一応本屋さんへ。

が、ページをパラパラ〜っとめくると、見開きで大きな大野君無門が登場✨
ここでまず、心大揺れ (^^;;

そして中村義洋監督のインタビューとたくさんのスチール。
全6ページという贅沢な記事。

と、さらに心ぐらつき ……… o(゚д゚o≡o゚д゚)o

買う?
それとも我慢する?………と、何度も何度も自問自答💦



結局 私は我慢。
でも、私が映画を観る際に覚えておきたい抑えどころを覚え書きとして、うろ覚えながら記しておこうと思います。

中村義洋監督へのインタビュー内容は、既出のものが殆どだけど、インタビュアーは上甲薫さん。
更に深いところをついてくれている感じでした。

まずは以前から話題になっている大野君が振り付けたという箇所。
それは大善の手勢に囲まれ、八方から槍で突かれるシーン。
その矢を踊るように避けるアクションにしたかったが、アクション部の方で、踊りのような振り付けをできる人がいなくて、大野君に話したら、「こんな感じ?」と、その場でやってみせてくれ、それを使うことになったそう。

このシーン。
きっと早い動きだろうけれど、見逃さないようにしなくては!!

そしてもう一つ。
無門が下山平兵衛との決闘を終えて、お国のもとに戻って来た時のシーン撮影後、石原さとみちゃんが一言「あんな顔で帰ってきたらいやだ」と動揺したそう。
監督も、その時の大野君の表情を別人のようだったと。

憑依型と言われる大野君。
ここのシーンの大野君無門の表情も見どころですね!

この作品は、笑いあり、涙ありの娯楽エンタテイメントではあるけれど、映画を観終わった後に、ふと 人間らしさって何?”とか、“人を人たらしめる何かしら”を感じてくれたらという想いが監督にはある様子。

また、あまり血生臭いものにしなかったのは、“銭”と“お国”という無門にとって大事な目的をブレさせない為だと。

ここのテーマもしっかりと感じとりたいところですね。

真面目に作ったら、説教くさくなってしまうから、敢えて今回のような作品にしたという監督。

観る人が思いっきり楽しみながら、でも心の奥底に大切なものが残る…そんな映画なんですね。

きっと何度見ても、新しい発見がありそうな。
味わい深い作品なのだと思います。

それからおまけ…
記事の下の方にあったのですが、監督がどうしても今回唯一引っかかっていることがあると。
それは、雨でビショビショになった大野君に、Tシャツを貸してあげると言ったら、頑なに断られたそう(笑)

それを気にしてる中村監督、可愛いですね😉

それにしても大野君、何でだったんでしょう?
面白い ( ̄▼ ̄*)ニヤッ 
その理由、大野君の口から聞いてみたいですよね〜


あゝ〜〜こんな時、サトラジがあったらなぁ!!!! (涙)
と、まぁそれは置いといて…


『SODA』の中村監督のお話、映画鑑賞前には是非 読んでおきたい内容ばかりです。
ぜひお手にとってみてくださいませ〜
明日5/24発売の関連雑誌は、月刊『TVnavi』
中村義洋監督のインタビューのようですね。
また本屋さんへ行かなければ ヾ(>д<。`ヾ)=з




[PR]
by 3104-nao | 2017-05-23 17:17 | 雑誌 | Trackback | Comments(0)

芸術新潮(6/24発売7月号)で黒澤和子さん×大野智君対談 & 発信することの責任

連日、季節はずれの真夏のような暑さが続いている東京。
今日も暑くなりそうです💦

さて、昨日は『忍びの国』の衣装を担当された黒澤和子さんのブログで、大野君との対談が『芸術新潮』に掲載されるというお知らせがあり、またまた発売が楽しみな雑誌が増えました。
黒澤和子さんと言えば、先日発売された『CINEMA SQUARE』vol.92でも中村義洋監督と対談され、“無門”や知念君扮する“織田信雄”の衣装への拘りなど、興味深いお話をして下さっていました。

今回は、4月号では草間彌生さんの特集もあった、『芸術新潮』という芸術専門誌。
映画衣装デザイナーとして活躍される黒澤さんと、芸術面にも長けている大野君との対談。

黒澤さんは、大野君の作品などもご覧になったのかな?
なんて、色々想像してしまいますが、どんなお話が聞けるのか……本当に楽しみですヽ(*^∇^*)ノ 

という訳で、このことを知り、普段 Twitterは読む見る専門の私が、雑誌の発売が楽しみで、黒澤和子さんのブログのご紹介を珍しく呟いたら、たくさんの方々のいいね!とリツイートがあり、本当にビックリ!

しかもなんと、『芸術新潮』さんの公式Twitterが、私のツイートを貼り、この対談が掲載される本誌の発売日などの詳細を呟いて下さって、これまた本当に驚いた私です。

と、同時に 当たり前のことですが、改めてこうした公での発言の影響力の大きさを実感 ΣΣ(゚д゚lll)!
発信するということには、本当に大きな責任があるのだと、身が引き締まる思いでした。

こちらのブログも、ありがたいことに、毎日何百人という方が訪問くださっています。
これからは、今まで以上に気を引き締めて書かなければ…

拙いブログではありますが、改めて、これからもどうぞ宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ

6/24発売の『芸術新潮』7月号、黒澤和子さんと大野君の対談、楽しみですね〜✨

そしてその他の雑誌の発売予定はこちら


[PR]
by 3104-nao | 2017-05-22 09:09 | 情報 | Trackback | Comments(2)

『嵐にしやがれ!』5/20 ☆ 大野君は大野くんのままがいい

昨日の『しやがれ!』の大野君もとってもイケめてましたね〜
白いジーンズに水色のブルゾンが爽やか✨
焼けた肌とよく合ってました♡

まぁ相変わらず芸人さんメインな前半は置いといて(笑)、隠れ家ARSHI……

今回はゲストが『忍びの国』で共演し、しかも二回あった「川」と呼ばれる見せ場の決闘シーンの内の一回を一緒に演じた満島真之介君だから、そんなお話も聞けるのかな?と、ちょっと期待していた私。

でも残念 ↓↓(%;´п`Ⅲ)

撮影時の㊙︎エピソードのお話は、“話しかけられるまでひたすら忍んでいた(大野君)”ということだけ…… (x_x;)シュン

近くの人にはあたりが優しくて、凄く居やすかったけど、どこに居るか分からなかったと満島くん。

それを聞いて、「じゃあ良かった」っていう大野君だけど、「どうしていいか分かんない 。ああいう時…」って。
「(だから)ちっちゃくはなってたかな?」と、ちょっと体を丸めて、ちっちゃくなる大野君が可愛い過ぎ (●♡∀♡))ヾ☆*。

その後は、満島真之介君の独壇場(?)
歳も若いけど、中身も若い満島君に、終始押されっぱなしというか、そう振る舞ってた大野君 ァハハ・・(^д^;)

きっと何を伝授されようと、自分のスタイルを変えることはないだろうけど、私は 今の大野君だから惹かれるの♡

主役だからって、存在感ありありで、でーんと居るのもね……って、逆にちっちゃくなっちゃうそんな大野君だから、私は惹かれる💕

何事にも気負わず、自然体な大野君だからいいんです (*´∇︎`*)うふ♪︎.*:・'゚.

『QLAP!』6月号で、中村義洋監督が語っていた“監督が惹かれ、憧れる人間・大野智の魅力”

“自分をどう見せるか”ということに興味がない人。芝居以外の時間もすべて“自分”というものを捨てて、スタッフのため、作品のために動いている。でも、そういう気持ちや真面目に努力している姿は表に出さないのが大野君。

監督自身もそうなりたいと思っていて、映画『殿、利息でござる!』でも、そういう慎み深い人を描いたつもり。だから僕は、大野くんに役者としてだけでなく、人としても惹かれるんだと思いますと、中村監督


コレですよ!これ!!!

実際に大野君に会ったことがあるわけじゃないけど、私も中村監督と同じ。

そういう大野くんだからいいんです!
惹かれるんです💕
大好きなんです (≧︎▽︎≦︎♡︎)ダイスキダァ!

と、そんなことを声を大にして叫びたくなった昨日の『しやがれ!』でした。

(;・∀︎・)ァ・・ アハハ・・・ハハ・・・・



[PR]
by 3104-nao | 2017-05-21 10:37 | 嵐にしやがれ! | Trackback | Comments(0)