人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日の東京は、多くの嵐ファン、大野君ファンの気持ちを代弁するかの様な、どんよりとした灰色の空が広がっている。

こんな寒空の下、大野君は、今 どうしてるかなぁ?

胸が痛む

…………


27日(日)の夕方、突然飛び込んできた“重大発表”←これまで幾度となくこの言葉に無駄にドキドキさせられましたよね(笑)

だけど私的には、正直内容としては驚くというより、ついに来たか!!という感じ。
でも、まさかこのタイミングで発表!?というところで、動揺した。
(私の中では、勝手に2020年を区切りにと思っていたから)

そして大野君が提案者だったという点は、まぁ想定内。
けど、それ故 今後 彼が責められることになるのでは?という心配が真っ先に頭に浮かんで、これまた動揺。←大野担なんで(三津谷D風 笑)
しかし、FC公式サイトでのメッセージを聞いて、その動揺は少し静まった。

「2020年をもって、自分の嵐としての活動を終えたい。嵐・20周年、そして2020年という区切りで一度 嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか」

「また勝手ではありますが、一度 何事にも縛られず、自由な生活をしたい」

という思いを、大野君はメンバーに伝えたと。

全てが私の中で、いつかあるであろうと、心の片隅にずっとあった言葉だった。

そして、その夜有り難いことに、Mr.サンデーで彼らの緊急会見の様子をたっぷりと見ることができ、大野君以外のメンバーが、大野君がマスコミのターゲットにならないよう、見事な役割分担で躱してくれたことに安堵。

また、次の日のWSなどのコメンテーターの方々の意見も、大野君の決断を当然のことと受け止めているものであったことに、これまたホッとさせられた。

が、だからと言って、この出来事全てを綺麗サッパリ受け入れられるほど、私の心は単純ではなく、あの日以来 とにかく色々な思いが駆け巡り、何をどう自分の中で 整理し、解決すれば良いのか、未だに混乱している。
なのでブログもなかなか書けないでいた。

でも、自分の気持ちを整理する為にも、ここで私の思い、考えを書いてみようと思い、のこのこと出てきてみた。

なので、文章的にはいつもに増して支離滅裂かも……
そして、これから書くことは、これまでの、そして今の私が、個人的に思っていることであるということを、踏まえてお付き合い頂けたらと思う。

まずなぜ、この出来事が私の中で想定内だったのかということ。

彼らの15周年を過ぎたあたりから、だんだんとマスコミの彼らの扱いが小さくなってきたなぁと感じ始め(それはニノ担のお友達とも話したりしていた)、“なるほど〜こうして人気というものも、マスコミによって、ある程度操作されていくものなのね”なんて、思っていた。

なので、彼らもいずれは、引き際を考える時が来るのだろうなぁと、徐々に思うようになっていっていた。

そして、2020年というオリンピックというビッグイベントがその節目になるのでは?ということが、 嵐ファンの中でも何処からともなく聞こえ始め、私的にもそこまではないのかなぁと勝手に思っていたので、27日の発表にはちと驚かされた。

でも、ここ2年の間の大野君の様子は、ずっと気にはなっており、2017年の後半から冠番組を観ても何だか冴えない顔をしていて、心ここに在らずな感じで、元気がないなぁと思っていた。
そのことが以下のブログに記されている。

で、このブログによると、そんな元気のなかった大野君が2018年1月末のしやがれ!では少し変わっていたとあり、今となっては“なるほど”である。
だって会見によると、ちょうど彼ら五人の中で話し合いがついた頃と一致するんだもの。
(ファンにとっては寂しい結果となったけど)
我ながら、その観察眼に驚く(笑)

でもきっと私たげじゃなく、多くの大野担がそんな大野君の様子には、黙っていても気づいて心配していたと思う。

こんな風に、TVを通して、私のようないちファンにでさえ、手に取るように伝わる大野君の苦悩。
どれほど、彼が悩み苦しんでいたか……
それを思うと胸が苦しくなる。

なので、これ程の大野君の決断を、彼の“わがまま”が聞き入れられたという方向にだけはなって欲しくない。
その気持ちだけは、私の中でキッパリ!!としている。

だって、メンバー5人が全ての時間とエネルギーとを注いできた“嵐”を、自分の「嵐を終えたい」という一言で、壊すことになるわけで。

それをするに当たって、どれだけ怖かった。
どんだけもがき苦しんだことか。
何度立ち止まったことか。

それを考えれば、自ずと大野君の言う「何事にも縛られず自由な生活がしたい」という、その“自由”についても、ただ絵が描きたい、釣りがしたいなどという単純なことではないことも分かるだろう。

もっともっと重いもの。

多分 こういう大野君の決断を聞き、初めは驚いたメンバーもいたかもしれないが、きっと時期(個々のタイミング)の問題であって、その内容については、誰の心の中にも持ち合わせていることだったのでは?

だから、2020年までの2年間とその後の嵐としての“活動休止”期間というのは、ファンやビジネス的な諸々も含め、メンバーにとっても必要なものなのかな?と思ったりもする。

櫻井君は復活はある!とZEROで断言していたが、確かに今の段階ではもしかしたら、その休止期間というのが、彼らと事務所の間ではある程度決められているのかもしれない。

でも、実際“休止”してみてどうなるか?
今の段階で、それに明確な回答を持っているメンバーはいない気もする。

つまり、言い出しっぺは大野君だが、これは誰が言い出してもおかしくない(言い出す可能性があった)ことだったと私は思っている。

ただ、大野君が3年くらい前から、徐々にこの件を考え始め、その思いがどんどん強くなってきたと話しくれたことに、私はチクリと刺さる部分がある。

それは2015年のあのこと。
あの時、彼の作品やグッズにまで賛否が巻き起こった騒動。
それが全く関係してないとは、私は思えず ファンとしてはなんとも心苦しく、本当に悔しくて悔して……

これだけはファンとして、今更ながら本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになっている。

あとは何が彼の気持ちを、今回の決断に駆り立てたのかは、私的には想像すらできないし、考える必要もないと思ったりもする。

ただ、大野君が5回も6回もグレイテスト・ショーマンを観たと、京セラで話してくれたことに、一つの答えがあるように感じ、私なりに納得している。
また、大野君が休止後どうするのか?
そこが私自身も一番気になるところだし、大野担は皆さん同じだと思う。

このまま居なくなってしまうのか、どうなのか?
とにかく不安、心配、寂しい、悲しい……

でもそんな中、『Bad boy』の世界観について熱く語ってくれたさとラジでの話を思い出した。

『Bad boy』
「もうダメな男でいいんですよ!」っていう意味。
でもねぇ、よくわからなくていいんだよ。その歌詞も別にそんなに…

でも イメージは、俺は“できる男”だと…うん。
ただやってないだけの話だと。
まだ表に出してないだけの話だと。
俺は何でもできるんだと。
で、周りからは“勇気がないんじゃないですか?”とか、“でも何も結果残してないんじゃないですか?”っていう言葉が聞こえてるんだ

いやいやいや、待て!と。
結果はこれから出すと。
結果はこれから出すもんなんだと。
だから今に見てろと。
だから黙って見といて下さいよ!と。

って言って、なかなか前に出れない男の話。
が、この『Bad boy』です。


これは、2016年10月27日のさとラジ。
多分 もうこの頃には、大野君の中で色々な思いがあった頃。
この8カ月後にメンバーに気持ちを打ち明けるわけだから。

きっと大野君の中には『Bad boy』が居ての決断だったのでは!?

私はそう思うし、思いたい💙

大野君が幸せであることが一番なのは重々承知。
そして私もそれを一番望んでる。

けどね〜〜〜
ファンとしては、そこが苦しいところなの。

物凄く長いものになってしまったけど、私の正直な気持ちを書いてみた。
少し心も整理できたかな?

でも、大野君の姿が観られなくなることは、本当に、ほんとうに寂しくて辛い

。゚(゚´ω`゚)゚。

Y(>_<、)Y ヒェェ!

辛すぎる。

嵐の活動休止より、今はそこ!

大野担なんで!



by 3104-nao | 2019-01-31 13:37 | | Trackback | Comments(4)
昨日の「嵐にしやがれ!」では、2年ぶりに“大野智の作ってみよう!”のコーナーがあり、段ボールを使ったお財布作り✂️に挑戦した大野君。
e0355822_15040854.jpg

段ボール探しから、「段ボール📦、面白いなぁ!」って、興味津々👀
段ボール作家の島津さんとも息がピッタリ!

大野君が「(段ボールだから)盗まれなくてもいいかも」と言えば、「盗まれにくいけど捨てられやすい」と島津さん (≧︎∇︎≦︎)ъ ナイス!

なんて、ユーモラスな会話なの✨

そして使用する段ボールは、新品じゃない方がいいという島津さん。
なぜなら、段ボールは運ばれてくるものだから、サインが書いてあったり、凹みがある方が色んな物語を感じられるからと。
それを受けて「味があった方が物語があるし……」と、大野君。
すると先生も又、「そうそう!妄想が膨らみます」って…… 

 (〃^∇^)o彡☆あははははっ
ホント、どこを切り取っても、二人の会話は聞いていて、心地いい〜 ४*ପ꒰⑅︎•ᴗ•。꒱໊੭♡︎♩︎

で、この二人のやりとりからふと思い出したのが、先日亡くなられた市原悦子さんの言葉。

市原悦子さんは、お芝居をする時など、「モノに心寄せることが一番大切」だと仰る。

そうすることで、そのモノのことが理解でき(心の声が聞こえてくる)、作ろうとしなくても、自然にその役になっていけると。

“段ボールの物語が見える”という、島津さんと大野君の会話が、正にこれですよね。

役者さんも作家さんも、“表現者”

以前 さとラジでも、大野君はおさかな🐟が釣られた時の気持ちとかを、話したりしてましたよね(笑)

人でも生き物でも、植物でも静物でも…

“モノに心寄せる”ことの大切さ…

大野君もやっぱり、真の“表現者”なのだと再確認。

だから大野君が作り出すモノには、歌でも踊りでも、演技でも、人を惹きつける力があるんですね。

もっともっとそんな大野君の世界を観てみたいなぁ💕
魅せて欲しいよ〜


by 3104-nao | 2019-01-27 15:45 | 嵐にしやがれ! | Trackback | Comments(4)
e0355822_22010789.jpg
“5×20”京セラのライブで、大野君が5〜6回観たと話していたという『グレイテストショーマン』
タイミング良く、先日 wowowで放送があり、視聴 (o´∀︎`o)ニコッ
あまり洋画を観ない私は初めての作品。

ミュージカル映画だから、歌や踊りが素晴らしいのは言うまでもないし、きっと大野君もそこに魅力を感じただろうことは想像できる。

けど、私が気になったのはストーリー。

不遇な幼少期を送りながらも、前向きに、想像力逞しく、ユーモアいっぱいに生き、夢を掴むものの、成功を夢見るあまりに、一時 一番大切なものを見失ってしまう主人公。
でも最後にまた本当の“幸せ”とは何かに気づき再起。

そして、作中幾度となく歌われる“This is me”
コンプレックスも個性として、自分を受け入れることの大切さ。
そして仲間との関係、絆…

“嵐”というアイドルグループとして、頂点に立ち、20周年を迎える“今”の大野君の心には、何が一番響いたのだろう?
5回も6回も観るほど、何に惹きつけられたんだろう?

ただ単に、歌や踊りにだけに惹かれて観たのではない気がするのよね〜

そこを凄く聞いてみたい!と、思わされた映画だった。

あぁ〜
さとラジがあったら……

ホント、貴重な番組がなくなってしまったなぁ〜(´ヘ`;)とほほ・・


by 3104-nao | 2019-01-20 17:23 | ブログ | Trackback | Comments(2)
連休中日の東京は、穏やかなお天気☀️
お部屋の中は、お日さまのお陰でポッカポカ४*ପ꒰⑅︎•ᴗ•。꒱໊੭♡︎♩︎

主人のインフルエンザにはじまり、その後 父にもうつり、肺炎を併発。
またまた救急外来を受診したりと、新年早々 バタバタ続きでしたが、この連休でやっと落ち着きを取り戻しつつある我が家。

昨日はお天気も今ひとつで寒い一日だったので、買い物にも行かず、“何もしない日!”と決め(とは言え、洗濯や食事の支度はしないわけにはいかないのが主婦😢)、お昼寝したり、やっとお正月休みがきた感じ┐( -""-)┌ ヤレヤレ

そんな折、タイミングよく届いたアジポプ📖♪
e0355822_15553529.jpg
昨年、『忍びの国』の中村監督の地元で行われた「小田映画祭」での監督のトークイベントの様子と、インタビューが半ページに掲載。

この映画祭の上映作品候補には、映画祭のスタッフ関係者がエキストラ出演した『ちょんまげプリン』も上がったようですが、監督が『忍びの国』の上映を希望したとのことで、『殿、利息でござる!』と『忍びの国』の2作品が選ばれたそう。

当日は、事前に大野君ファンから寄せられた質問を元に質疑応答が行われたようで、「作中 大野君が秩父木挽唄を歌うが、なぜ唄を入れたのか?」など、ファンならではの興味深い質問が……

これについて監督は、「せっかくだから、大野君には歌ってもらおうかなと思いついて……それだけしか理由はないです」と。

さすが中村監督✨(笑)

そして、この映画祭が行われた“小田”を舞台に映画を撮るとしたら、“小田氏治”というこの地の武将の話を撮りたいという監督。

何でもこの武将は、戦いが好きなのに戦い下手。
普通は負けると城も取られてしまい滅亡するのに、でもこの小田氏治は人望があったのか、部下や百姓たちみんなが城を取り戻してくれ、それでまた、戦いを仕掛けては負けるの繰り返しだったとか……

すると監督、「今思いついたけど、氏治は大野君にぴったりかもしれない(笑)」って。

その後のインタビューでも、「大野君は淡々としているのに、一つのことをお願いすると、10倍ぐらいになって返ってくる。
キャラクターの把握の仕方も『怪物くん』の時から深く、今回(『忍びの国』)もその印象は変わっていない。また、一緒に組んでみたい役者の一人」と話されている中村監督。

ぜひとも新しい作品でのタッグをお願いしたいものです。

しかし“小田氏治”という武将、ホント大野君と重なりますね (*≧︎m≦︎*)ププッ
e0355822_16203928.jpg
(画像はWikipediaよりお借りしました)

因みに小田氏治って、こんな感じの方らしい。
お髭に禿げ頭……こんな大野君も見てみたいかも(笑)


by 3104-nao | 2019-01-13 16:31 | 雑誌 | Trackback | Comments(0)
今日は、東京でも先程から、雪❄️がちらついています。
寒いですね〜((´・ω・`;))ブルブル・・・。

でもそんなお天気とは裏腹に、心が温かくなる記事がネットに上がっていて、朝からホッコリ💙

昨年の紅白の最後、サザンが歌っている時、出演者の方々が舞台上に勢揃いした折、大野君が北島三郎さんの後ろにソッと手を添えていたのが印象的でした。
どうも上の記事によると、北島さんが大野君に自ら頼んだようですね。

「俺の体がフラフラしたら支えてくれ」って。
「そうしたら、ずっと背中にそっと手を添えるようにしてくれてた。嬉しかった。」と、北島さん。

この“ソッと手を添える”っていうのが、なんとも大野君らしいですよね〜

彼はいつも、されげなく、何気なく!!

これって、簡単そうで難しいこと。
やろうと思ってできることじゃない。
こういう所に、人となりが出るもんですね。

この記事の最後に、“「俺が俺が」と前に出るタイプでないだけに、嵐の中では、頼りない!?リーダーというイメージを持たれがち……”なんて余計な一言があるけれど、目立ちゃ良いってもんじゃないんです(笑)

一歩さがって、サポートできる人こそ、真の強さ、優しさのある人(リーダー)なのだと思います。
正に“無私の精神”

ますます惚れる♡︎╰︎(o'╰︎╯︎`o)╯︎♡︎

あははは😝



by 3104-nao | 2019-01-12 11:17 | 大野君 | Trackback | Comments(0)
e0355822_14492517.jpg

「大野智のソロインタビュー」💙💙
久々に見たこの文字😍
即、飛びつきます(笑)
何も考えず、1秒たりとも迷わずレジへ ≡3

“VS嵐”を『YES嵐部』という部活に見立てた部員紹介というコンセプトの連載記事の第一弾。

何段にも重なったハンバーガー🍔と大野君の大きな写真が半ページ。
そしてもう半分には、立ち姿の大野君とインタビューがちょこっと。
という、見開き2ページの記事だけど、あの懐かしの“さとラジ”でのお喋りを彷彿させる感じのテキスト💕

まず、“部長には誰がなりそう?”という質問に、多分 他メンから、自分が推される(リーダーだから)だろうし、「自分かな?」と大野君。←私的にはこの答え、ちょっと意外 (。-∀︎-)ニヒ♪︎

頼まれれば引き受けるし、部長としては見守るスタンス。でも、「『どうしますか?』って聞かれたら、最終決断はする。そこは、ちゃんと決断します」とキッパリ✨

こういう所が、大野君だなぁ〜と、つくづく惚れ直す💕 〈〃^∀︎^〃)ェヘヘ

黙ってたって、ボーッとしているように見えたって、彼はちゃんと見てるし、考えてる。
そこが、“大野智”クオリティー✨✨

そしておまけで、『YES嵐部』に因んで、最近の“YES”な出来事というインタビューもあり、ツアーで福岡に行った際に明太子を買って来て食べた話もしてくれた大野君。

買ってきたものの殆どはお友達にあげる用らしいが、一つだけ自分用に持ち帰り、お酒のおつまみにしたり、ご飯を炊いて、大根おろしとお味噌汁と一緒に朝食に食べたりしたそうで、「大根に明太子って美味いよね」と 〆(._.)メモメモ

明太子があるから、早速 大根おろしして、食べなきゃ 💕💕(笑)

久しぶりに聞く、大野君の日常話。
“さとラジ”があったら、きっと「ふふふ、んふふふっ💙」て笑いながら、話してくれたんだろうになぁ〜

また復活してくれたらいいのに←しつこい ァハハ・・(^д^;)

でも、短いながらも久しぶりの単独インタビュー記事。
嬉しかったぁ〜😃

お写真のビジュもGOOD 💙💙





by 3104-nao | 2019-01-10 15:37 | 雑誌 | Trackback | Comments(0)
 お正月三が日も あっという間に明け、今日から仕事始めという方も多いことと思います。

嵐君達のお正月番組も一通り終わり、何だか手持ち無沙汰 ァハハ・・(^д^;)

しかし昨日の“BABA嵐”
相葉VS大野の戦いは、ホント面白かったぁ〜🤣
あれは事実上の決勝戦でしたよね(笑)

二人の人の良さが出てるというか…
戦ってるのに、凄い和やかというか何というか。
とにかくあの二人ならではの空気感に包まれ、観ていて本当に楽しく、もっともっと観ていたかった〜💚💙

久しぶりに嵐君達の番組を心底楽しめた気がします 😏

ところで、J-webでは“智のひととき”も更新され、大野君の今年の絵が見られました ヾ(o´∀︎`o)ノ

年末の雑誌のインタビューでは、また絵を描いてみようかと思ってるなんて話していた大野君。
大好きなことを、やってみたい!と思えるようになったこと、ファンとしても嬉しい限りです。

何の縛りや柵なく、自分の楽しみの為だけに、大切にして欲しいなぁと思います。
だって、好きなことをできるって、ホント大切な時間ですものね♡

私も昨日から、今年の事始め。
新しい刺繍を始めました✨
e0355822_22584992.jpg
随分前に買って、温めていたフレメのキット。

昨年 作ったカルトナージュの裁縫入れや卓上ダストボックスなど、お気に入りを傍らに💕

同じ様なモノを4枚作るという、少々忍耐のいる作品ですが、完成まで漕ぎ着けるよう頑張ります!

大野君の嬉しいお知らせを待ちつつ、今年は こんな風に私ゴトも綴っていけたらと思っています😊

良かったらお付き合い下さいませ〜



by 3104-nao | 2019-01-04 23:06 | ブログ | Trackback | Comments(0)

2019年のお正月🎍

e0355822_15545258.jpg
(昨年のお年賀に頂いた胡蝶蘭が満開になりましたヾ(o´∀︎`o)ノ)

平成最後のお正月🎍
2019年が幕を開けました。

我が家は、お正月早々に、珍しく主人がインフルエンザにかかり、病院へ。
しかも、うん十年ぶりに昨年、ペーパードライバーを脱却した私の運転で🚗≡3
お正月から、大冒険です💦 ァハハ・・(^д^;)

大野君が、船舶免許を取って海に出ても、スピードを出せないという気持ちが、本当によくわかります😝
“同じ〜!!”って、嬉しくなります(笑)

と、私の年明けはこんな感じ。
ですが、昨日は家族揃ってお節で乾杯🥂もでき、まぁ何とか新しい年をスタートすることができ┐( -""-)┌ ヤレヤレです。
e0355822_16145962.jpg

そして昨年は、大野君の活躍が無く、このブログも殆ど更新せずに終わってしまいましたm(_ _)m

が、今年は昨日の『嵐にしやがれ!』で、“大野丸”🎣のコーナーもあり、松兄と大野君の楽しい船旅の様子も観ることができ、久々にテンション⤴︎
幸先良いかもぉ〜💙

まだ、昨年参戦した『5×20』の感想も書いていませんし、今年こそは、大野君の活躍も期待しつつ、ブログもまたボチボチ書いていけたらと、思っています。

こんな気ままなブログですが、またお立ち寄り頂けたら、嬉しいです😊

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます🎍


by 3104-nao | 2019-01-02 16:28 | ブログ | Trackback | Comments(2)

大好きな嵐の大野君の事を中心に、趣味や日常の出来事を綴っています


by ポワント